2013年07月21日

砂像プロジェクト 活動報告

こんにちは、梶原です。
6月20日、砂像プロジェクトの活動についてお伝えします。

砂像プロジェクトとは?⇒http://projectoperation.seesaa.net/article/367856202.html

この日はPV試聴・講評会の後に模型制作の下準備と砂像メンバーによる懇親会が行われていたのでその2活動について報告します。

今回の注目メンバーは・・・
TA(ティーチングアシスタント)の小林 寛基さん(美術工芸学科)です!


3.jpg
カメラを向けるとすぐにポーズをとってくれる小林さん!

それでは小林さんの活躍に注目しながら、活動報告をしていきます。




○模型制作下準備


まず大きな発泡スチロールを作業場へ運び出し、熱線カッターで模型で使いやすいサイズに切り分けていきます。

今回、熱線カッターをはじめて使うメンバーに小林さんが実演も交えつつ丁寧に使い方を教えていました。聞いていてとても分かりやすかったです。
1年前に体験した手順を人にしっかりと教えることは考えてみると難しいことですよね。伝達力の高さに「さすがTA!」と思いました。


4.jpg
熱線カッターの使い方を教える小林さん

10.jpg
簡単な実演の様子

11.jpg
熱線カッター初使用組もスムーズに作業ができるようになりました


そんなわけで、模型用発泡スチロールの切り分け完了!




○砂像メンバーによる懇親会 
─生まれ変わるのは今だ!篤史君─



模型制作下準備後、すぐメンバーは懇親会に向かいました。

12.jpg
とにかく皆さん笑顔です!


陽気になってきた中で、皆さん普段から思っていた本音なんかもでてきます。
気がつくと篤史君が小林さんから普段の行動についてお叱りを受けていました。

8.jpg
表情は笑顔のまま真剣に叱る小林さん、篤史君は左端

叱っていた内容は主に
・篤史君が報告・連絡・相談をできていないということ
・篤史君は「時間がない」と言ってプロジェクト活動にちゃんと参加できていないが、他のメンバーだって忙しい中やりくりしているのだということ
などでした。

プロジェクトは仕事なんだ、単位という報酬がある分、それに見合った働きをしないといけないんだ」
「何度も期待を裏切られたが切り捨てる訳にはいかない。今日自分は本音をすべて話したからこれまでの篤史の失敗は忘れて、今後は篤史がどう生まれ変われるかを見守る」


などの小林さんの言葉が印象的でした。学科授業以外にプロジェクトが活発なため、生徒の両立する力が問われる本大学ならではの問題ですね。

ここまで、放り出さずに真剣に怒ってくれる人がいる篤史君は幸せ者だと思いました。小林さんの篤史さんへの熱弁からまだしっかりできていない大学生に社会人になるための意識を持たせる。というリアルワークプロジェクトの醍醐味を感じました。未熟な若者を引っ張り上げて成長させることは今の日本でかなり重要なことなので、小林さんのように後輩を教育できる人々の存在が必要な時だなと思いました。

その日の篤史くん
・担当職員、久保さんのお話を立膝で聞いてしまっていました(汗)
        ・・・彼が成長するのを待ってます!


梶原


posted by プロオペ at 15:30| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

大山崎プロジェクト活動報告 「竹・竹・竹」

こんにちはー、大山崎プロジェクト担当の茜音です。
今回は7月13日(土)に行われた「竹切り」についての報告をしていきたいと思います。

竹は大山崎プロジェクトのライトアップに使われます。
切る量が多かったため、ボランティアの方を集めて行われました。私も参加させてもらいました(^^)


ではでは、恒例のヒーロー紹介です。
今回のヒーローは……、……、

進戸 かおりさんです!!(キャラクターデザイン学科 2年生)

018.JPG
↑別の日のミーティングでの写真です


進戸さんはライトアップ班のリーダーを務めていて、この日は特にリーダーっぷりを存分に発揮してくれましたよ!



まずは竹を切る現場に無事到着しました。
この日はなんと朝早いにもかかわらず、メンバーみんな無遅刻・無欠席!担当の教職員さんからもほめられていました。



次は竹林ボランティアの方々と一緒に竹を切っていきます。
メンバー4〜5人に対して、竹林ボランティアの方が1人つくという形で行われました。
そのためどのチームがどの長さの竹を切っていくのか、何本切るのか、進戸さんは全体の司令塔として活躍してくれました。


066.JPG
↑指示を出す進戸さん


竹は長くて重く、切ったときに当たると危ないので、チームはなるべく離れて竹きりを行いました。
それにより、リーダーはあっちへこっちへ指令を出したり、竹の太さを測り切っていい竹を選んだり竹やぶのなかを動きまわってました。本当にお疲れ様でした!



041.JPG
↑竹の太さをはかる進戸さん



竹切るのは見ため以上に硬く、とても大変でした。でもだんだんとコツをつかんだり、教えてもらい、みるみると作業効率が上がっていき、なんと予定時間より大幅に早く竹きりを終えることができました!

064.JPG
↑数を数える進戸さん。ほんとにたくさん切りました!

竹切りも無事終わり、みんなでランチタイム!のその前に、
最後は片付けです。進戸さんがここでもリーダーっぷりを発揮して、「00さん軍手、数えて」であったり、「00さんはのこぎりお願いします」と一人一人に役を分け与えていて、とても効率がいい片付けだったなとおもいます。
切り終わって終わりじゃなくて、きちんと片付けまでに目を向けられるところが素敵だなと感じました。

そのあとはトラックに積み、学校まで竹が運んで、借りた用具をもとに戻し、解散となりました!


今回はみんなをまとめて引っ張っていくれていた進戸さんもヒーローですが、ほんとにすばやく、効率よく、一生懸命やっていて、メンバーみんないいな、と感じた1日でした!




茜音
posted by プロオペ at 22:53| Comment(0) | 茜音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HAPII+活動報告 「学内プレゼン(つぼみ班)」

こんばんはー、HAPii+担当の茜音です。


7月12日に行われたミーティングについての報告をしていきます。

この日のミーティングは1週間で詰めてきた内容をそれぞれの班が、学内プレゼンをしていきました。
わたしはつぼみ班(壁画班)についてお伝えします

029.JPG



そしてこの日のヒーローは…

降旗 早紀さんです!!(空間演出デザイン学科 空間演出デザインコース 2年生)

038.JPG



降旗さんはこの日のミーティングだけでなく、常に積極的に意見を出したり、5人ほどのチームに分かれ、考えたりするときににはチームをまとめている姿をよく見かけていました。
そこでの降旗さんは、他の人の意見もきちんと相手の目をみてきいてあげたり、どう思う?とききだしたりしていました。振り返ると、みんなが意見を言い合えている、いいミーティングだったなと思います。




さてこの日のミーティングについてですが、つぼみ班(壁画班)がトップバッターのプレゼンでした。
壁画の案としては3つありました。



  1つ目が「森」
これは降旗さんが考えた案で、マングローブがかかれています。マングローブは海と森という二つの生態系を持ち合わせていて、その根っこには多くの生命がいます。
絵をみた人が「決してひとりぼっちではない、きっと誰かが見守ってくれている」と感じてほしいという思いがこめらているそうです


  2つ目が「森+トリックアート」
森に動物たちが描かれていて子供や大人がわくわく楽しめるような空間になっています。
よくみると動物が隠れていて、動物を探したりして遊ぶこともできます。


  3つ目が「星座」
暗い空間をあえて逆手にとった作品です。
星に蛍光と塗料を使い、電気が消えても浮かびあがるようになっています




つぼみ班(壁画班)は先週のミーティングでは具体的な例がなかったのですが、わずか1週間で上のような案がでて、それに加えさらに資料まで作ったりと、メンバーの団結力や、作業効率の良さに驚かされました。



つぼみ班(壁画班)の後にはpapico班(ワークショップ班)のプレゼンでした。

そこでの降旗さんはそのプレゼンで感じた意見を言っていました。
例えば「大掛かりにみえて時間がかかるような感じがしたから、時間配分を資料にのせたほうがいいんじゃないか、」というような意見を言っていました。

035.JPG
↑意見をいう降旗さん


降旗さんの他にも、このHAPii+では意見を言える人がたくさんいます。
自分の思ったことをちゃんと人に伝えらえて、さらに分かってもらうのは、簡単ではないのに、やってのけてしまうHAPii+メンバーの凄さを今回はあらためて感じることができました!


ラベル:HAPii+
posted by プロオペ at 22:04| Comment(0) | 茜音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

まか通プロジェクト活動報告

こんばんは、続けての投稿となります山崎です。


7月10日の定例ミーティングでは7月イベントの「やましろ鎧作りワークショップ」に始まり、8月イベントの「陶器まつり」、地獄絵絵解き」、「こども向け地獄絵絵解き東山フェスタの打ち合わせに大忙しでした!



今週のヒーロー

そんな中、私が注目したヒーローは…
情報デザイン学科イラストレーションコース1年生の鈴木亮佑さんです。
そのきっかけは彼の何にでもチャレンジする姿勢にあります。
先輩のイベントの企画を手伝ったり、イベントのチラシの校正を進んで担当したり、まか通のFacebookの運営係に立候補したりと様々なことに意欲的に取り組んでいます。
ミーティングでも積極的に発言していていつもやる気に溢れています。
京都造形芸術大学の名物である1年生のねぶた作りのリーダーもしているそうで、本当に多岐にわたって活躍しています!
そんな鈴木さんもこれからまか通プロジェクトを通して、どのように成長していくのか注目していきたいと思います。



IMG_3409.jpg
↑いつも笑顔がすてきな鈴木さんです





ミーティングで各イベントの企画者は、全体に正確な情報を伝えなければならないので資料を制作して配ったり、ミーティングの前にあらかじめホワイトボードにまとめたりと工夫がされていて分かりやすかったです。
とくに地獄絵絵解き、こども向け地獄絵絵解きイベントは本番からやるべき仕事を逆算して一つの表にまとめたガントチャートを作って共有していました。
こういう手法を先輩が後輩に作り方を教えて引き継いでいくのもプロジェクトで得られる貴重な経験ですね♪
どのイベントも着々と準備が進んでいて本番が待ち遠しいです。




私も地獄絵絵解きこども向け地獄絵絵解きのイベントに予約をしました。
早くも地獄絵絵解きは定員30名が満席となり、受付は終了したほどの大人気です!
こども向け地獄絵絵解きは、大人でも楽しめる内容となっています。ご予約はお早めに。



毎日打ち合わせや準備に忙しいまか通ですが、ひとつひとつのイベントに丁寧に取り組んでいます。
一人一人のメンバーもプロジェクトの中での自分の役割をしっかりと果たしていて、いいものをみんなで作り上げようと活動しているのが伝わってきます。

山崎
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 23:44| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。