2013年07月06日

HAPii+プロジェクト活動報告

こんにちは、HAPii+プロジェクト取材担当の山崎です。
今日は6月28日に行われた第6回定例ミーティングと7月5日に行われた第7回ミーティングの様子を合わせて報告したいと思います。その中で発見したヒーローも紹介していきたいと思います。


HAPii+のヒーロー

今回はHAPii+のヒーローをお先に紹介します。
私が注目したのはこども芸術学科こども芸術コース2年生の鍋田彩季さんです。
第6回のミーティングでメンバーが制作班とワークショップ班の2つの班に分かれたのですが、鍋田さんはワークショップ班のリーダーとなって積極的に話し合いに意見を出していた姿が印象的でした。

まずはどのようなテーマで進めるのか大まかな輪郭を決めたのですが、メンバーからは「壁に描く絵と共通したテーマにしたい」「ストーリー性のあるものがいい」「普段は体験できないようなことを体験してもらいたい」という意見が出ていました。

鍋田さんも、どうしたら子供たちが安全に楽しめるのか、多くの意見を出されていました。
対象年齢に合わせた遊びを考えたり、創造性をかき立てるものを考えたり、そこには学科で学んだことをベースに決められた条件の中でいかに子供たちに楽しんでもらうかを真剣に考えていることが伝わってきました。
これからはどんなワークショップを行うのか多くの意見を出し合っていきます。





上記でも述べた通り、第6回のミーティングでは制作班とワークショップ班の2つの班に分かれました。
制作班は16名、ワークショップ班は名です。

この「制作班」、「ワークショップ班」という名前では少し固いので第7回のミーティングで各班にあだ名がつけられました。

まずは制作班改め、つぼみ班」です!
この名前の理由は、つぼみがもうひと踏ん張りして綺麗な花を咲かせるように、自分たちも頑張っていこう、という思いがこめられています。


お次ぎはワークショップ班改め、papico班」です!
この名前の理由は、ワークショップ班のテーマが“与え合う”でありpapicoを連想したからだそうです。
HAPii+は一方的に与える存在ではなく、子供たちから新たな可能性を与えてもらうという関係性も意識されています。

各班には様々な学科のメンバーが混ざっているので、これまでにない新しい発想が多く出てくるのではないかと期待しています。

プロオペの私と茜音さんも各班の担当に決定しました!
つぼみ班=茜音さん
papico班=山崎



今年度のHAPii+全体のテーマはまだ考案中ですがここには紹介しきれないほど多くの候補が挙がりました。
今のところii hone(あいあいホーム)むすんでひらいてが有力候補です。

ii hone”は、穏やか和やかの意味を持つ藹々(あいあい)という言葉とhomeを合わせた造語です。
「ii home=良いホーム」とも読めますね♪

むすんでひらいて”は、童謡で有名なタイトルから発想を得ています。
手を結ぶだけではなく開くことで、人と人とがつながることを大切にしたいという思いが込められています。



メンバー同士、思ったことを素直に言い合える良い雰囲気で話し合いが出来ていて、どのような作品、ワークショップの企画が出来上がるのか楽しみです!
山崎


ラベル:HAPii+
posted by プロオペ at 10:40| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

2013年度HAPii+プロジェクト紹介

こんばんは、まか通も担当しています山崎です。

今回はHAPii+プロジェクトの紹介記事を書かせていただきます。



HAPii+プロジェクトとは、2009年度より取り組んでいる京都造形芸術大学のリアルワークプロジェクトのひとつです。
本学の学生たちが医療現場の実情を知り、「いのちの現場で描く」ことの意味を考え、自分たちで企画・制作を行っています。
依頼者である京都府立医科大学附属病院、総合監修者であるNPO法人アーツプロジェクトとの恊働関係のもと、アート・デザインによる医療環境の改善を実施しています。(参考・HAPii+Facebookページより)

ホスピタルアートは、医療や介護の現場をアートの力でより良くする活動のことです。

この活動の対象は、病院に通院・入院している患者さんに留まらず、付き添いの家族の方々、働いている医師・看護師も含まれています。

学生たちはただ自分たちの好きな絵を描くのではなく、その絵を見てくれる人のことを考えて制作をします。

このプロジェクトをやり遂げた学生たちが一年後どのように成長するのか、取材し皆さんにお伝えしていきたいと思います。



今年度の主な活動内容と流れ

5月上旬        メンバー決定
            キックオフミーティング
5月上旬〜6月上旬   ホスピタルアート、ワークショップ、小児医療、HAPii+についてリサーチ、プレゼン
5月下旬        京都府立医科大学附属病院見学、ホスピタルアート特別講義
6月中旬        制作練習
6月下旬        コンセプト決定、中間報告
7月中旬        京都府立医科大学附属病院へプレゼン
8月中旬        全体ミーティング(制作、ワークショップ打ち合わせ)
8月下旬〜9月下旬   制作実施
10月下旬〜11月上旬 ワークショップ実施




以下の写真は2012年度の活動のものです。

image-1.jpeg
↑院内に設置されたフレスコ画


image.jpeg
↑院内の壁やドアに施されたカッティングシート


image-4.jpeg
↑学内での作業風景



~プロジェクトメンバー紹介~

指導教員 由井 武人(通信教育学部洋画コース 講師)

顧問教員 森本 玄(こども芸術学科 教授)

担当職員 岡本 斐・久保 奨

TA(ティーチングアシスタント) 後藤 明美(こども芸術学科3年生)

学生メンバー 美術工芸学科        3名
       マンガ学科         1名
       情報デザイン学科      5名
       空間演出デザイン学科    4名
       こども芸術学科       7名
       歴史遺産学科        2名
       京都府立医科大学 医学科  1名

                  計 23名


まか通と同じく、HAPii+も二人で協力してブログを書いていきますのでよろしくお願いします!


山崎
ラベル:HAPii+
posted by プロオペ at 22:14| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年度まか通プロジェクト紹介

初めまして、今年度のまか通プロジェクトの取材を担当している山崎です。

今日は「まか通ってなに?」という方にまか通を紹介したいと思います。



近代産業遺産アート再生プロジェクトまか通(以下まか通)とは、京都造形芸術大学のリアルワークプロジェクトの一つです。

本学の学生が独自のアート目線で、京都市東山区地域に点在する近代産業遺産である建造物・風景・文化・伝承・伝説・人物などを中心に元来存在する資源、また埋もれてしまった資源などを掘り起こし、これらをアートにより再生していくことで地域活性化を促す活動です。

2005年から活動しているまか通は、東山区の各所でフィールドワークを行い、イベント・ワークショップなどで地域に還元しています。

例えば、鍾馗さん作り、東山職人弾丸ツアー、熊野観心十界図(地獄絵絵解き)など多岐にわたり企画を運営しています。

東山区に住む人々に地域の良さを再確認してもらい、自分のまちに自信と誇りを持てるきっかけづくりを行っています。

そして一年の活動の集大成として冊子「あなたのまちの愛し方」の制作を行い、成果を社会へ報告しています。



まか通についてもっと知りたい!と思った方はまか通ブログも覗いてみてくださいね♪




以下の写真は2012年度の活動のものです。

image-3.jpeg
↑イベント「鍾馗さん作り2」の様子 in六原ハウス


image-2.jpeg
↑フィールドワークの様子 in六道珍皇寺



〜メンバー紹介〜


指導教員 関本 徹生(プロジェクトセンター 副センター長、芸術学部 教授)

担当職員 木村 真由美・久保 奨

TA(ティーチングアシスタント) 吉田 瑞希(美術工芸学科4年生)・山野 貴大(美術工芸学科4年生)

学生メンバー 美術工芸学科                  7名
       情報デザイン学科               10名
       プロダクトデザイン学科             1名
       環境デザイン学科                1名
       歴史遺産学科                  1名
       通信教育部 デザイン学科 建築デザインコース  1名
       
                            計 21名


これからはもう一人のまか通担当と一緒に、まか通の活動と活躍しているヒーローを発見して紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

山崎
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 21:34| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。