2012年07月12日

アバカ・フェアトレード商品開発プロジェクト ミーティング7月10日

こんにちは。火曜日ブログ更新担当の並河です。

今回のミーティングでは商品のアイデアについて考えていきました。

今日までにそれぞれメンバーが考えてきたアイデアを文字にしてどんどん書き出していきます。
1枚の紙に1つのアイデアを書きます。
IMG_2763.jpg

現実的に作れないかもしれないアイデアでも良いので、とにかくどんどんアイデアを出していく事が大切です。

全員が紙にアイデアを書き終わったら机の上に出します。


そして、アイデアがかぶっていると思われるものを見つけます。そしてその紙を重ねていきます。
IMG_2765.jpg

分類がまとまったらそれらがどういう種類のものなのかが分かる様に表札を作ります。
アイデアが分類され、表札が一番上にある状態です。
IMG_2769.jpg
表札の下の紙は沢山有れば有るほど良く、少ないとやりづらいです。
なので、「どんどんアイデアを出す」という事が大前提になります。

今度は、何の為・どういう人の為にアバカ商品を作るのか目的を明確にしていく為に、
「ロジックツリー」という図を使った思考技法を使って考えていきます。
まず「1,年齢」「2,性別」「3,販売場所」という主題を上げます。

例えば、その中の「販売場所」という主題において、どう考えていくのでしょうか。
IMG_2775.jpg
「百貨店」という場所で、そこにアバカの商品を置かせて貰う事を考えると、
一般のお店に置いていない機能、付加価値がある事が必要だと考えます。

次に「百貨店」から「ブランド」という言葉に枝分かれします。
その「ブランド」に売り込める商品にする為に、デザインを上手く使ってそのブランドにマッチングさせる事が必要だと考えます。

「スーパー」では、価格がリーズナブルであったり、幅広い年齢層に受け入れられたり、大量に作る事が出来るものが置いてあります。
その場所に置いてある商品がアバカ商品であるメリットは何でしょうか。。。

このように、問いかけをしながら皆で意見を出し合い考えていきました

次のミーティングでは、もっとロジックツリーを掘り下げていきます。


ラベル:アバカ
posted by プロオペ at 17:56| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

田の字地区活性化プロジェクト

おはようございます。
火曜日担当の並河です。

現在、田の字地区活性化プロジェクトは、
今までのフィールドワークで調べたデータをそれぞれ各班ごとにまとめていき、1つのマップの中に3班のデータが入っている状態にしていきます。
みなさんで役割を分担し合い、協力し合って進めていっておられます。


資料の一部を紹介させて頂きます。

まずはマップです。
対象の町家、古いビル、不明な建物、老舗を色分けし地図に落とし込んでいったものです。

A班さんのマップ
IMG_2754.JPG

B班さんのマップ
IMG_2761.JPG

C班さんのマップ
IMG_2757.JPG


A班さん 建物について、名前、場所、詳細が書かれたものです)
IMG_2756.JPG

C班さん 調べる対象の町家かどうかが不明な建物のリストです)
IMG_2760.JPG

C班さん 町家・ビル名簿表です 表には左から、
建物の「店舗名」「所在地」「職種」「資本元(会社所在地)」「建物主」「元の職種」「開設年」「創業年」「備考」を書き込む欄があり、そして、赤→対象/調査済、緑→ビル、白→不明/未調査、茶→老舗、黒→対象外という様に色で統一し、分かりやすくまとめたものです。)
IMG_2759.JPG

※資料の一部を紹介という事で、マップ以外の資料について他の班でも統一のフォーマットで同じ内容の事をされている場合もありますが、全て紹介をすると量が多くなるため1例を紹介させて頂きました。すみません!m(_ _)m

作成したリストとマップの表の間違いや見落としの確認の為、7月21日に全体フィールドワークが行われます。
今までのフィールドワークで調べた情報がまとめられていてとても見やすく、分かりやすかったです…!

このプロジェクトは木曜日の16:30〜定例ミーティングが行われますが、授業で参加できない人が多い為,
今後定例ミーティングがあった週の金曜日のお昼休みにはミーティング内容を共有する為に補講ミーティングを行って下さるとTAの稲田有紀さん(歴史遺産学科)が提案して下さいました。
稲田さんは「メンバー同士、顔を合わせるという意味でも定例ミーティングに参加していた人の参加も大歓迎です!」と言って下さいました。

実際、6月29日に@カフェで補講ミーティングを行って下さいました。
授業で参加出来なかった人にとっては本当に助かります…。
稲田さん、有り難うございます!



ラベル:田の字
posted by プロオペ at 09:14| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

アバカ・フェアトレード商品開発プロジェクト ミーティング6月26日

おはようございます。
火曜ブログ担当の並河です。
遅れて掲載させて頂きましたm(_ _)m

私は現在、「田の字地区活性化プロジェクト」を担当させて頂いていますが、もうひとつ
「アバカ・フェアトレード商品開発プロジェクト」の担当もさせて頂くことになりました。
今後は交互に情報をお届けしていきます。

このプロジェクトは、フィリピンなどの熱帯地方で栽培されているバナナによく似た多年草・アバカの繊維を使って、日本で市場性のあるフェアトレード商品のデザイン開発を行い、作業所の協力も得て商品の生産に取り組みます。その事によりフィリピンの貧しい人たちや、作業所で働く人たちの働きがいと収入を仕事を作り出す、社会貢献性の高いプロジェクトです。

今回は6月26日(火)に行われたミーティングの取材報告をさせて頂きます。

ミーティングでは、商品のデザイン・アイデアについて考えていきました。

商品を考える上でのテーマは、
「フェアトレードショップから、抜け出す・一歩出る」という事です。

(フェアトレード&インテリア・家具ショップ「シサム工房」ホームページhttp://www.sisam.jp/より引用↓)
フェアトレードというのは、利潤の最大化を第一の目的でするのではなく、商品の作り手の生活や福祉の向上を第一の目的にした貿易の事です。フェアトレード生産者たちは、未亡人だったり、宗教や慣習的に行動に制限があったり、教育の機会に恵まれてこなかったりと状況は様々です。どうせ買うならフェアトレード商品をという感覚で、フェアトレードを買い支えることが、作り手の継続的な収入となり、家族が揃った暮らしや子どもの教育、将来設計などを支えることができるのです。シサム工房さんのフェアトレード商品とは、さまざまな面で「商品を買う」ということだけでなく、その先に生産者支援の仕組みが継続的に機能していることがフェアトレード商品だと考えておられます。(引用以上)

こういったフェアトレードショップにこだわらないという人からも、製品として買って頂く事を目指す為に何が出来るかを考えていきました。 

デザインの良さ、作品性の高さ、アバカの素材を活かす・無くす、今まで無いものを作る、現実的なマーケティング案…など様々な視点から考えます。

例えば、実際にアバカを触って素材を感じるという事をしました。

これが「アバカ」の素材です。

IMG_2722.JPG

実際に触ってみて素材を感じます。

IMG_2726.JPG
私の感想としては、アバカの素材は髪の毛程の細さで細かったのですが、とてもしっかりしていて丈夫そうで強度は非常に高いと感じる触り心地でした。(実際にアバカの素材は強靱です)

アバカによって作られた商品です。これも実際に触ってみています。

IMG_2728.JPG           

みなさん活発にアイデアや意見を出し合い、最終的に沢山の案が出ました。

まずはアイデアを出し続けていき、みなさんで意見を出し合い話し合って、より良いアイデアへと繋げていきたいですね!
ラベル:アバカ
posted by プロオペ at 07:36| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。