2012年10月31日

まか通プロジェクト活動報告「10月イベント・マツバラ異界物語」その1

こんにちは、「まか通プロジェクト」取材担当の中村です。

今回は先日10月27日(土)に開催されましたまか通企画イベント、
マツバラ異界物語」の取材報告をさせていただきます!


まずは午後3時からのトークイベントに先駆けて行われた、同日午後1時30分からの予約者限定オプションイベント「関本徹生氏と松原通フィールドワーク」の報告から。
こちらは今回のトークイベント内でも取り上げる、京都の松原通とその近辺をフィールドワークしながら、会場である「やすらぎふれあい館(京都市東山区)」へと向かうという企画です。


↓左の写真はイベントチラシの拡大パネルを持ち、集合場所の目印となっている岡本海くん(美術工芸学科3回生)。
集合場所にて 出発進行!
集合場所は、京都市営地下鉄「烏丸五条駅」1番出口付近。出発予定の午後1時30分には様々な年代の方が集まり、関本徹生先生(京都造形芸術大学教授)ナビゲートのもと、フィールドワークが開始しました(右の写真)。トークイベントに間に合わせるため、少々急ぎ足で進んでいきます。


↓左の写真から、亀山稲荷神社、松原 道祖神社、『三善清行邸跡』の碑。
亀山稲荷神社 松原 道祖神社 『三善清行邸跡』の碑
フィールドワークの中では数々の社寺や、跡地などを示す碑を目にしました。また上の写真でも分かるように、住宅やビルと密接していたり、建物の敷地内に存在するものが多く見られました。日常の中に、歴史あり! 関本先生(中央の写真・真ん中、右の写真)の説明が始まると、参加者の皆さんは熱心に耳を傾けておられました。

今回はとても広い範囲のフィールドワークでしたので、写真や逸話については一部をピックアップしてご報告いたします。以下は、会場に至るまでにまわった社寺などの順番と名称になります。


★START(京都市営地下鉄「烏丸五条駅」1番出口付近)

→「新玉津嶋神社」「『北村季吟先生遺蹟』の碑」

→「丹波国 亀山藩京屋敷跡」「中野之町 亀山稲荷神社」

→「松原 道祖神社」

→「光圓寺」「『親鸞聖人御入滅之地』の碑」

→「五條天神宮」

→「『三善清行邸跡』の碑」

→「府社菅大臣神社」

→「『源語伝説 五條辺 夕顔之墳』の碑」

→「『謡曲伝示 鉄輪跡』の碑」「鉄輪の井戸」「命婦稲荷神社」

→「松原橋」

→「『愛宕念仏寺 元地』の碑」

→「西福寺」

→「六道珍皇寺」


★GOAL!(トークイベント会場・やすらぎふれあい館)


これだけでは位置関係がよく分からないと思いますので、まわった社寺などをマッピングした地図(Googleマップ使用)を作成しておきました! よければご覧下さい。
<「マツバラ異界物語」フィールドワーク地図>


どれをピックアップして紹介するかは……続きの記事で!

まか通プロジェクト活動報告「10月イベント・マツバラ異界物語」その2に続く
(中村)
 


ラベル:まか通
posted by プロオペ at 23:27| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まか通プロジェクト活動報告「10月イベント・マツバラ異界物語」その2

まか通プロジェクト活動報告「10月イベント・マツバラ異界物語」その1の続きです。まだ前の記事をお読みでない方は上のリンクよりご覧下さい)


どれを紹介しようか、悩みに悩んで選んだのは……
建物と建物の間にひっそりと存在していた「鉄輪(かなわ)の井戸」です!(左の写真)

鉄輪の井戸いりぐち 『謡曲伝示 鉄輪跡』の碑
入口付近には『謡曲伝示 鉄輪跡』の碑(右の写真)があります。なお鉄輪とは昔、火鉢や囲炉裏に置いていた「五徳」のことで、鉄の輪に三本の足をつけたもの。

謡曲「鉄輪」は、女が自分を捨てた夫に対し、逆さにした鉄輪の三本の足に火を灯して頭にのせ、毎夜貴船神社に丑刻詣をして恨みを晴らそうとする話。しかし陰陽師・安倍晴明の祈祷により呪いは返され、女はこの井戸の近くで息絶えたそうです。一説には女の住居近くの井戸だったとか、女が身投げをした井戸だとも言われているそう。

民家の間をぬいながら…
3人以上入ると、道はもうパンパンでした。右の写真の場所からもう少し奥に行くと、 鉄輪の井戸、 また町内の氏神である命婦稲荷神社があります。

前述のような伝説(身投げしたなど)から、この井戸水を飲ませると相手との縁が切れるといわれ、昔は遠くからも水を汲みにくる人がいたそうです。今は井戸水はかれていますが、 ペットボトルなどで持参した水をいったんお供えしてから祈り、持ち帰る人もいるとか。

ちなみにこちらでは、鉄輪の井戸にまつわる説明がまとめられたプリントが置かれていました。氏神である命婦稲荷神社と同様に綺麗に手入れされており、この地を残し後世に伝えようという、まちの人々の思いが感じられました。



午後2時50分、トークイベント会場前に到着!
会場前では、イベントチラシの拡大パネルを持った松内桃子さん(情報デザイン学科1回生)が笑顔で迎えて下さいました!
笑顔でお出迎え


少しの休憩ののち、ゲスト・君野隆久先生(京都造形芸術大学教授)と関本徹生先生(同大学教授)によるトークイベントが始まりました。
(対談中は写真撮影を控えていたため、会場がどんな様子であったかは、「まか通ブログ」でメンバーが書かれた記事をご覧いただければ分かり易いかと思います。)

対談では、フィールドワーク中にも見かけた社寺や碑、周辺地域についての逸話を中心に話が進められました。フィールドワークと同じく、こちらも一部をピックアップしてご報告。

夕顔之墳
こちらは「『源語伝説 五條辺 夕顔之墳』の碑」です。この碑の辺りが、源氏物語に登場する「夕顔」の宿の想定地だとされる場所だそうです。またこの地域の町名は「夕顔町」と名付けられており、想像上の人物である夕顔という女性の名が、今なお語り継がれています。

君野先生によると架空の人物の名前が地名になっているのはとても珍しいことで、世界中でもこちらの夕顔町と、フランスの「イリエ=コンブレー」という場所ぐらいではないか?ということでした。

イリエ=コンブレーの場合は、元は「イリエ」という名前の町だったそうです。ですが、プルーストの小説「失われた時を求めて」で主な舞台となる「コンブレー」という町のモデルになったことで、現在はこの作品にちなんで正式名称をイリエ=コンブレーとしているのだとか! 文学の世界が現実に反映されるなんて、とても面白いですね。



対談は16時ごろまで行われましたが、その後の質問コーナーではお客さんから様々な質問や考察が飛び交い、先生方だけでなくお客さんも交えた参加型のトークイベントとなっていました。最後までとても活気のある、良いイベントとなったのでは?と感じています。

今なお多くの歴史的な建造物が残る、京都の松原通。今回イベントに参加したことで、様々な物語や伝説でそれらが登場していることに驚かされたとともに、それを現代まで大事に守り伝えて下さっているまちの方々の存在が、とても有り難く感じられました。

もっと京都のまちについて知ってみたい!
改めて浮かんだその思いとともに、これからもまか通プロジェクトの活動を取材していきたいと思います!



ラストの告知は…?!
イベント終了後の会場のスクリーン、映し出されているのは……。
詳細は近日告知させていただきます!

中村
 
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 22:20| Comment(2) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

まか通プロジェクト活動報告「六原フェスタ」

****〜〜お知らせ〜〜****
今週27日(土)、まか通プロジェクト企画のトークイベント
「マツバラ異界物語」が開催されます!


ゲストに本学教授の君野隆久先生をお招きし、数々の逸話が残る京都の「松原通」について、同じく本学教授の関本徹生先生とともに対談形式でお話していただきます。予約制のオプションイベント(フィールドワーク)もアリ! ぜひ、ご参加下さい!
<会場や予約方法など詳細はこちらの記事をご覧下さい>
****************


こんにちは、中村です。
今回は、昨日「まか通プロジェクト」の活動拠点である京都市東山区六原地域で開催された「六原フェスタ」というイベントの取材報告をさせていただきます!

秋のフェスティバルとして地域の方にはお馴染みの「六原フェスタ」。このイベントには、まか通プロジェクトは数年前からお手伝いやブース出展という形で参加させていただき、地域の方々と交流されているそうです。
今年もまか通のメンバーは様々な場所でお手伝いをさせていただいたのはもちろん、
まか通用のブースも出展させていただきました!

まか通ブース入口 まか通の活動紹介パネル展示
これらの場所は、いつもまか通企画のイベントなどで会場として使用させていただいている「やすらぎふれあい館」の一室です。
今回はこちらをお貸しいただき、鍾馗さんの塗り絵を塗る「鍾馗さん塗り絵」ワークショップと、今と昔の六原地域の地図を並べいつもと違う視点でまちを見てもらう「今と昔の六原」まか通の活動紹介パネル展示(右の写真)を行いました。

パネル設置中 鍾馗さんとは?
左の写真は「今と昔の六原」のパネル展示を行う田中杏奈さん(情報デザイン学科2回生)。右は「鍾馗さん」についての説明が書かれたパネルです。

ちなみに私が訪れた時間帯ではワークショップ中の良い写真が撮れませんでしたので、お客さんたちが塗り絵などに取り組む様子は、まか通プロジェクトのブログ(まか通ブログ)をご覧下さい! 大盛況のまか通ブースの写真を始め、様々なメンバーの姿を見る事ができますよ♪


宣伝中ー! 宣伝中!
こちらの写真はもうひとつの六原フェスタ会場、藤平陶芸さんの「登り窯跡地」でまか通ブースの宣伝を行うまか通メンバーたち! 左の写真は左から森藤麻友さん、松内桃子さん(いずれも情報デザイン学科1回生)。右の写真は左から比嘉香央里さん(美術工芸学科1回生)、宇野真未さん(情報デザイン学科1回生)です。宣伝効果バツグン!だったそうですよ。

司会進行の大役です!
同会場に開設されていたステージ付近では、メンバーの宇野さんと松村優里さん(情報デザイン学科1回生)が、フェスタ内のブース紹介やお知らせをしていました! 明るく元気な声が会場内に響いていましたよ。大役、お疲れさまです!


こちらはメンバーが持ち回りで担当していた、地域の方が出展する飲食ブースのお手伝い。
焼きそばブース ピース!
私が見に行った時(12時ごろ)には、焼きそばブースでは(左の写真・左から)井上侑子さんと三窪絵理さん(どちらも情報デザイン学科1回生)が、わたがしブースでは(右の写真・左から)伊藤成美さん(美術工芸学科2回生)と島津優美さん(情報デザイン学科3回生)がおられました。 暑い中お疲れさまでした!

お祭りといえばこれ!
同時間帯、まか通メンバーのお2人が焼きそばとわたがしを購入していたので、思わずパシャリ。左から岡本海くん(美術工芸学科3回生)と河西祐介くん(情報デザイン学科3回生)。

モフモグ
食事中。モッフモッフ。
私も焼きそばとわたがしをいただきましたが、とても美味しかったです!

今回の「六原フェスタ」では、以前報告した運動会と同様に、どのメンバーも普段のプロジェクト活動とはまた違ったいい仕事姿と笑顔を見せてくれました!
今週土曜日開催のイベントでも、メンバーたちのいい表情が見れたらと思います。
ブログをご覧の皆さんもぜひ、いらしてくださいねー! よろしくお願い致します。


中村
 
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 16:51| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

まか通プロジェクト「11月ワークショップ」告知

こんにちは、中村です。

FacebookやTwitterなどでもご報告していますが、今月11日(木)と16日(火)の18時から「後期プロジェクト説明会」を行いました!
後期から始まる合計7つのプロジェクトを、2日間に分けて紹介した今回の説明会。参加者は2日間合わせて206という大盛況でした。今回紹介した各プロジェクトにどんな人が参加し、どのような作品や結果が生まれるのか。今からとても楽しみです。

もし「説明会を聞き逃した」という方がいらっしゃいましたら、プロジェクトセンター(人間館1 階教学事務室内)で説明をお受け下さい! 窓口は平日9時〜18時まで、土曜日は9時〜16時まで対応されています(日・祝は休みです)。


さて前述の説明会では、後期開始のプロジェクトを説明しただけでなく、現在活動中のプロジェクトが活動内容(イベント企画や、冊子などの制作)を紹介する告知タイムもありました。


今回は1日目の告知タイムでも紹介した、
まか通プロジェクトのワークショップ企画
をご紹介したいと思います!




まか通プロジェクト 11月ワークショップ企画
鍾馗さん作り2」
〜君だけのかっこいい鐘馗(しょうき)さんをつくろう!〜

ワークショップチラシ表

◆イベント内容(チラシより引用)
鐘馗さんとは、中国から日本に伝わってきた魔除け・勉学の神様です。鐘馗さんは皇帝の夢に現れ悪霊を退治したことで有名になりました。身近なところでは家の守り神として屋根などに飾られています。古都独特の屋根瓦に立つ魔除けの神様は東山区の屋根に数多く存在し、まちを守っています。

鐘馗さんの歴史について学び、自分だけのオリジナル鐘馗さんを粘土で作ってみましょう!


日 時 11月日(土)
    13:00〜(17:00終了予定)※小雨決行

    小雨の場合、電話かメールでこちらからご連絡いたします。
    雨天時は、翌日4日(日)に延期します。


会 場 六原ハウス(京都市東山区薬師町 229)
    【チラシ裏面の地図を見る】 ※Googleマップはこちらへ

定 員 30名(要予約)※対象年齢 6歳以上
    ★親子での参加、大歓迎です!

参加費 300円
持ち物 汚れてもいい服、エプロン、タオル


【鐘馗さんは焼いて後日お渡しします】
鐘馗さんは焼き物なので、当日のお渡しができません。
受取日については、ワークショップ当日に口頭でお伝えする予定です。
場所は六原ハウスでのお渡しになります。


★お申し込み方法
下記のE-mailアドレスまたは電話にて「まか通11月ワークショップ予約」と伝え、
参加者全員のお名前・ご連絡先を添えてお申し込みください。

(E-mail)maka2pro@gmail.com
(電 話)075-791-8763 
     京都造形芸術大学プロジェクトセンター 木村・奥田
    (受付時間 9:00〜17:00 ※土日祝を除く)




告知は以上です。

自分の手から生まれた「鐘馗さん」に家を守ってもらえるなんて、とても素敵ですね。
当日は爽やかな秋晴れのもと、ワークショップに参加できれば良いなと思います!
今月27日開催の10月イベント企画と同じく、皆さんのご参加をお待ちしております。


中村
 
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 14:08| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。