2013年07月31日

まか通プロジェクト 7月24日 語り部読み合わせ練習

こんにちは、続けての投稿となります山崎です。

今日は7月24日の定例ミーティングの後に行われた子ども向け地獄絵のおはなしの語り部読み合わせ練習の報告をしたいと思います。



まか通のヒーロー

今回のヒーローは情報デザイン学科情報デザインコース1年生の
井澤真優さんです。
井澤さんは子ども向け地獄絵のおはなしの語り部の一人で、この日まか通メンバーの前で初めて語り部の台本の読み合わせをしました。
読み合わせが始まる前は緊張した面持ちでしたが、始まると役に入り込んでいるのが伝わってきました。
ほかの語り部のメンバーと二人で声を合わせて台詞を言う場面でも、今までの練習の成果が現れていました。



IMG_3452.jpg
↑語り部の一人、井澤さん



普段は面白くて気さくな語り部メンバー達ですが、この読み合わせ練習では真剣そのもので見ている私たちも地獄絵の世界にぐっと引き込まれました。
こども向けではありますが、大人も十分楽しめる内容となっています。



メンバーの前で読み合わせをした感想を井澤さんに聞いてみたところ、
「役になりきって語るのは楽しかった!
ほかのメンバーがすごく上手い。
自分もこれからもっと練習していきたい。」
と言っていました。



本番の仕上がりが気になる方は、8月10日の子ども向け地獄絵のおはなしにどうぞご参加ください。
今回のヒーローである井澤さんをはじめ、他の語り部メンバーの活躍も必見です!


山崎


ラベル:まか通
posted by プロオペ at 16:20| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。