2013年07月21日

砂像プロジェクト 活動報告

こんにちは、梶原です。
6月20日、砂像プロジェクトの活動についてお伝えします。

砂像プロジェクトとは?⇒http://projectoperation.seesaa.net/article/367856202.html

この日はPV試聴・講評会の後に模型制作の下準備と砂像メンバーによる懇親会が行われていたのでその2活動について報告します。

今回の注目メンバーは・・・
TA(ティーチングアシスタント)の小林 寛基さん(美術工芸学科)です!


3.jpg
カメラを向けるとすぐにポーズをとってくれる小林さん!

それでは小林さんの活躍に注目しながら、活動報告をしていきます。




○模型制作下準備


まず大きな発泡スチロールを作業場へ運び出し、熱線カッターで模型で使いやすいサイズに切り分けていきます。

今回、熱線カッターをはじめて使うメンバーに小林さんが実演も交えつつ丁寧に使い方を教えていました。聞いていてとても分かりやすかったです。
1年前に体験した手順を人にしっかりと教えることは考えてみると難しいことですよね。伝達力の高さに「さすがTA!」と思いました。


4.jpg
熱線カッターの使い方を教える小林さん

10.jpg
簡単な実演の様子

11.jpg
熱線カッター初使用組もスムーズに作業ができるようになりました


そんなわけで、模型用発泡スチロールの切り分け完了!




○砂像メンバーによる懇親会 
─生まれ変わるのは今だ!篤史君─



模型制作下準備後、すぐメンバーは懇親会に向かいました。

12.jpg
とにかく皆さん笑顔です!


陽気になってきた中で、皆さん普段から思っていた本音なんかもでてきます。
気がつくと篤史君が小林さんから普段の行動についてお叱りを受けていました。

8.jpg
表情は笑顔のまま真剣に叱る小林さん、篤史君は左端

叱っていた内容は主に
・篤史君が報告・連絡・相談をできていないということ
・篤史君は「時間がない」と言ってプロジェクト活動にちゃんと参加できていないが、他のメンバーだって忙しい中やりくりしているのだということ
などでした。

プロジェクトは仕事なんだ、単位という報酬がある分、それに見合った働きをしないといけないんだ」
「何度も期待を裏切られたが切り捨てる訳にはいかない。今日自分は本音をすべて話したからこれまでの篤史の失敗は忘れて、今後は篤史がどう生まれ変われるかを見守る」


などの小林さんの言葉が印象的でした。学科授業以外にプロジェクトが活発なため、生徒の両立する力が問われる本大学ならではの問題ですね。

ここまで、放り出さずに真剣に怒ってくれる人がいる篤史君は幸せ者だと思いました。小林さんの篤史さんへの熱弁からまだしっかりできていない大学生に社会人になるための意識を持たせる。というリアルワークプロジェクトの醍醐味を感じました。未熟な若者を引っ張り上げて成長させることは今の日本でかなり重要なことなので、小林さんのように後輩を教育できる人々の存在が必要な時だなと思いました。

その日の篤史くん
・担当職員、久保さんのお話を立膝で聞いてしまっていました(汗)
        ・・・彼が成長するのを待ってます!


梶原


posted by プロオペ at 15:30| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。