2013年07月18日

HAPII+活動報告 「学内プレゼン(つぼみ班)」

こんばんはー、HAPii+担当の茜音です。


7月12日に行われたミーティングについての報告をしていきます。

この日のミーティングは1週間で詰めてきた内容をそれぞれの班が、学内プレゼンをしていきました。
わたしはつぼみ班(壁画班)についてお伝えします

029.JPG



そしてこの日のヒーローは…

降旗 早紀さんです!!(空間演出デザイン学科 空間演出デザインコース 2年生)

038.JPG



降旗さんはこの日のミーティングだけでなく、常に積極的に意見を出したり、5人ほどのチームに分かれ、考えたりするときににはチームをまとめている姿をよく見かけていました。
そこでの降旗さんは、他の人の意見もきちんと相手の目をみてきいてあげたり、どう思う?とききだしたりしていました。振り返ると、みんなが意見を言い合えている、いいミーティングだったなと思います。




さてこの日のミーティングについてですが、つぼみ班(壁画班)がトップバッターのプレゼンでした。
壁画の案としては3つありました。



  1つ目が「森」
これは降旗さんが考えた案で、マングローブがかかれています。マングローブは海と森という二つの生態系を持ち合わせていて、その根っこには多くの生命がいます。
絵をみた人が「決してひとりぼっちではない、きっと誰かが見守ってくれている」と感じてほしいという思いがこめらているそうです


  2つ目が「森+トリックアート」
森に動物たちが描かれていて子供や大人がわくわく楽しめるような空間になっています。
よくみると動物が隠れていて、動物を探したりして遊ぶこともできます。


  3つ目が「星座」
暗い空間をあえて逆手にとった作品です。
星に蛍光と塗料を使い、電気が消えても浮かびあがるようになっています




つぼみ班(壁画班)は先週のミーティングでは具体的な例がなかったのですが、わずか1週間で上のような案がでて、それに加えさらに資料まで作ったりと、メンバーの団結力や、作業効率の良さに驚かされました。



つぼみ班(壁画班)の後にはpapico班(ワークショップ班)のプレゼンでした。

そこでの降旗さんはそのプレゼンで感じた意見を言っていました。
例えば「大掛かりにみえて時間がかかるような感じがしたから、時間配分を資料にのせたほうがいいんじゃないか、」というような意見を言っていました。

035.JPG
↑意見をいう降旗さん


降旗さんの他にも、このHAPii+では意見を言える人がたくさんいます。
自分の思ったことをちゃんと人に伝えらえて、さらに分かってもらうのは、簡単ではないのに、やってのけてしまうHAPii+メンバーの凄さを今回はあらためて感じることができました!




ラベル:HAPii+
posted by プロオペ at 22:04| Comment(0) | 茜音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。