2013年07月16日

まか通 6月29日 学まちコラボ事業公開プレゼンテーション(二次審査)に潜入!

こんばんは、最近の夕焼けの紫色に見とれてしまうまか通プロジェクト取材担当の山崎です。

今日は6月29日に行われた学まちコラボに潜入した時の潜入記事です!



まか通プロジェクトのヒーロー

まか通プロジェクトに参加して3年目の情報デザイン学科イラストレーションコース3年生の
田中杏奈さんは今年度のまか通プロジェクトのリーダーです。
6月29日に行われた学まちコラボ事業の公開プレゼンテーションでも、まか通プロジェクトを代表してTA(ティーチングアシスタント)の美術工芸学科陶芸コース4年生の吉田瑞希さんと一緒にまか通の活動内容や目的を堂々と発表しておられました。




IMG_3408.jpg
↑まか通のリーダー、田中杏奈さん




学まちコラボ事業について詳しく知りたい方は大学コンソーシアム京都のHPヘ!



学まちコラボで他大学の地域振興プロジェクトが活動内容を発表する中、まか通の主な発表内容は、
心の再生のきっかけ作りを目的とした鍾馗祭開催について』でした。
鍾馗ってなに?という方に簡単に説明をすると、京都の屋根の上に数多く存在し、まちを守って魔除けの神様のことです。
しかし、鍾馗さんにはお地蔵様の地蔵盆のように感謝をする日がありません。
そこに目をつけたまか通は鍾馗さんに感謝をする日として鍾馗祭を企画します。


新しい行事を企画することにはある意図があります。
それは新旧住民の交流の機会をつくることです。
新しく引っ越してきた人は地域行事やしきたりが分からず町内行事などに参加できていないことが多いのではないでしょうか。
それでは昔からその地域に住んでいる人も新住民と交流が出来ません。
では、両者にとって新しい企画である鍾馗祭はどうでしょうか。
どちらからも同じ立場で参加が出来ますよね。
鍾馗祭についてはこれからもお伝えしていきますのでお楽しみに!





この学まちコラボの公開プレゼンテーションに潜入させていただいて感じたことは、まか通プロジェクトは地域との結びつきが本物だと感じました。
学生たちは真剣に地域のことを考え、出来ることを全力で取り組んでいます。
地域の方もそれに答えて積極的にイベントに参加してくださり、新たなコミュニティが生まれています。
まか通はサラッとやってのけていますが、それは難しいことです。
今までの長い積み重ねによって築き上げ、今日につながっている貴重な財産だと思いました。
まか通だけを見ていては気付けなかったことです。



田中さんは当日、最終チェックのために早くから会場に来て打ち合わせをしていました。
プレゼンの様子も落ち着いていて聞き取りやすく、自分たちの活動に自信を持って活動していることが伝わってきました。
付け焼刃ではなく、普段からみんなの前に立ってミーティングを回しているリーダーの風格が現れていました。

後日伺った田中さんの感想としては、
「プレゼンは頑張った。質疑応答をもっと魅力的に展開させたかったと反省。終わってから言いたいことが溢れてきた。」とおっしゃっていました。
自分に足りていなかったことをしっかりと見つめ直し、これからに生かそうとしている前向きな姿勢も発見することができました。




このプレゼンテーションの結果は……
見事に助成申請を採択されました!!
今回で7年連続での採択だそうです。
プレゼン内容はもちろん、田中さんと吉田さんの質疑応答も丁寧に対応出来ていたおかげではないでしょうか。
この勢いを保ちつつ、まか通は8月イベントに向けて準備を進めています!

山崎


ラベル:まか通
posted by プロオペ at 23:19| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。