2013年07月10日

大山崎プロジェクト活動報告。ワークショップ本番にむけて…


こんにちは。大山崎プロジェクト担当の茜音です。
大山崎プロジェクトとは?という方はこちらを→http://projectoperation.seesaa.net/article/367597007.html

今回は7月2日に行なわれたミーティングの内容を紹介していきます。
私が注目したメンバーは……


樽岡 沙羅さんです!!(空間演出デザイン学科、2年生)
プロジェクトで展示・ワークショップ班のリーダーを務めています。

015.JPG
↑右が樽岡さん、 左が桝村さん(2人とも展示・ワークショップ班です)


最初はそれぞれの班がミーティングを重ね、詰めてきたことを発表していきました。
展示・ワークショップ班は今週の7月7日の土曜日に1回目のワークショップが早くも行われるということで、主にそのことについてでした。



ワークショップタイトルは『竹炭ペタペタアート』
本番に向け、試作をした結果であったり、どの作業を何分間やっていくのかといったことを発表していましたが、まだまだ実行をするためには課題がたくさんあります。例えば準備物の確認、タイムスケジュール、作ってもらう作品をどのような絵柄にしていくかなどです。

017.JPG
↑ワークショップで作る試作品


その課題をどうしていったらいいのか、まず今週を振り返る反省をしていきました。
問題として挙げられたのが、みんなでひとつのことを一緒にやっていた、ということ。それで作業ペースが遅かったということ。


リーダーである樽岡さんをはじめメンバーはそのことをしっかり受け止め、それぞれ担当をつくることにしました。

樽岡さんは「じゃあ私プログラム担当やる!」と最初に発言をしていました!
プログラム担当は、話し合いの中で「1番大変そうだね〜」といわれていたにもかかわらず、こうやって発言をしていてとてもリーダーとして頼もしくなってきたなと感じました。
他にもメンバーの意見もしっかり聞いたり、質問して言いやすくしてあげたり、話し合いの方向がずれないように進行していたのも印象的でした。

023.JPG
↑展示・ワークショップ班の話し合いの様子


今回で樽岡さんはかなりリーダーとして成長したと思います。それは樽岡さんだけはありません。メンバーも担当をプログラム、準備物、技法にそれぞれ分かれたことで、一人一人が責任をもって行動をしていくようになりました!展示・ワークショップ班が今週の土曜日に行われるワークショップをどう動かしていくのか…いよいよ本番です!

茜音


posted by プロオペ at 20:39| Comment(0) | 茜音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。