2013年07月09日

大山崎プロジェクト活動報告 『中間プレゼン!』


こんにちは!大山崎プロジェクト担当の茜音です。
大山崎プロジェクトとは?という方は、まずこちらをどうぞ→http://projectoperation.seesaa.net/article/367597007.html



今回は6月11日に行われた、中間プレゼン(学校内で教職員やメンバーへプレゼンしました)の様子をお伝えしたいと思います。
……と、その前に今日はまず、気になるアノ人を紹介します!



記念すべき最初は……TA(ティーチングアシスタント)の 安井 美奈さんです!
TAとは、プロジェクトを担当をしている教職員のアシスタントとして活動をしている人のことです。
主に、そのプロジェクトを経験した学生が教職員から推薦をうけTAになり、支えています。




安井さんは現在、京都造形芸術大学で環境デザイン学科で学んでいる3年生です。去年、この大山崎プロジェクトの展示・ワークショップ班で活動をしていました。

実際に経験したことを活かして、短い期間での計画の大切さであったり、こういうことが大変だったからこうしていった方がいいよ、などなど具体的なアドバイスをくれます。
さらに時にはちゃんと考えさせたりと、あたたかくメンバーを見守っています。メンバーにとってとても心強いだろうなと感じました。




さてさて今回、そんな安井さんがあたたかくメンバーを見守るなか、中間プレゼンが始まりました。
それでもメンバーは初めてだからかちょっと不安そうでした。
プレゼンは、大山崎町で実際に行いたいことを展示・ワークショップ班、ライトアップ班に分かれてしていきました。


まずはライトアップ班。テーマは『
まだはっきりとは定まってないようですが、丸いモビールを使い水しぶきを表現したい、鳥居の近くに川を流したい、色々な生地の布を使って川を表したい、などをプレゼンしていました。
安井さんはそのプレゼンを頷きながら真剣に聴いていました。



続いて展示・ワークショップ班。展示のテーマ『歴史』、ワークショップのテーマ『
まず展示はまるでタイムスリップしたかのような空間にして、昔の大山崎はこんな感じだったんだと思わせるものをしたいとのことでした。
安井さんからは、「去年は町の人とのかかわりをテーマにしていて、思いつかなかったことだから面白い」という感想を頂いていました。


そして、ワークショップは大山崎の竹を使い、竹炭で砂絵や、「らでん」(らでんとは漆器や帯などの伝統工芸品に使われる装飾技法のひとつ、その技法を使って作られた伝統工芸品のことです)を作りたいということでした。下の写真は違う日のミーティングのときにつくられた試作品です。

IMG00214.jpg
↑「らでん」試作品。



プレゼンが終わった後はチーム関係なく、考えたことを言い合っていきました。安井さんは意見を言いやすくアシストしてあげたり、聞いたりしてました。それに加え、大人数だということもあり、短い時間で、水の波紋を作ったらどうかとか、竹の外はペイントがはがれてしまうから内側にペイントするのはどうかなど、その他にも短時間でたくさんの意見がでて、すごいなと感じました。



このプレゼンの後には最終プレゼン、そして実際に大山崎の方にプレゼンをします!
今日のことをふまえ、これからどのようになっていくのか!? 
次回の気になるアノ人は誰なのか!?  ではまた!

茜音


posted by プロオペ at 22:50| Comment(0) | 茜音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。