2013年06月15日

アバカ・フェアトレード商品開発プロジェクト 商品完成

並河です。


NPO法人フェア・プラス京都造形芸術大学関西国際空港とのコラボにより商品が完成しました。
フィリピンの天然素材であるアバカ素材で作られたトートバックとクッションです。
フィリピンの住民と京都の障害者施設が製作に携わったフェアトレード商品です。


デザインしたアバカ商品(右:トートバック、左:クッション)を持つメンバー
IMG_3787.JPG
右からキャラクターデザイン学科3回生・李政達くん、こども芸術学科4回生・山田真美さん、環境デザイン学科2回生・西岡花歩さん、空間演出デザイン学科2回生・笈田真美さん


以下、関西空港オンラインショップ(http://www.kix-online.com/)から引用↓

フィリピンの天然素材、アバカを使って作られた温かみのあるクッションです。
1つ1つがフィリピンの農村で暮らす人々による手作りの品です。
これらはNPO法人フェア・プラスと関西国際空港が協力し、京都造形大学がデザインを考え、そしてそれをフィリピンの人々が形にする。
たくさんの人たちが力を合わせ、そのつながりの中から生まれた商品です。


【SST Satellite2.0×京都造形芸術大学×NPO法人Fair+ アバカトートバック】
フェアトレードによって繋がり交わる二つの国「フィリピン&日本」の出入国スタンプをコラージュ風に不倫とした、どなたにも使いやすいデザインです。
サイズ:縦 65cm(持ち手含む)×横 30cm
素材:アバカ(マニラ麻50%)綿50%
商品紹介ページ→http://www.kix-online.com/fs/kanku/original/gd645

【SST Satellite2.0×京都造形芸術大学×NPO法人Fair+ アバカクッション】
マンネリした日常生活から脱出したくてたまらないあなたへ。
鮮やかな黄色にライフジャケットの装着方法をプリントした、遊び心あふれるデザインです。
サイズ:縦 40cm×横 40cm (厚さ10cm)
素材:アバカ(マニラ麻50%)綿50% 」
商品紹介ページ→http://www.kix-online.com/fs/kanku/original/gd644
(引用以上)


商品は、新関西空港第1ターミナル2階SST Satellite2.0」・展望ホール4階スカイショップタウン」・阪急うめだ本店8階トラベル売り場梅田ロフト1階にて販売されています。


5月18、19日に開催された関空旅博2013という旅行イベントで、フィリピン共和国観光省のブースにてアバカ商品のPRを行いました。
学生からは、18日に李政達くんと西岡花歩さん、19日に山田真美さんと笈田真美さんが担当で商品をPRしました。

19日担当の笈田さん(右)と山田さん(左)(フィリピン共和国観光省ブースにて)
IMG_3773.JPG

来場者へ声掛けする笈田さん
このPOPは李くんがデザインしました。
IMG_3783.JPG

ブースに立ち寄ったお客さんに商品について説明をする山田さん
IMG_3755.JPG


イベント中盤では、販売されている商品を見るために販売店の中の1つであるスカイショップタウンへ行きました。
スカイショップタウンの売り場に置かれている商品
IMG_3759.JPG

IMG_3767.JPG

販売中の商品を写真に収める笈田さんと山田さん
IMG_3758.JPG



5月21日に行われた最終ミーティングでは、1年間の活動の振り返りをしました。その日は京都新聞からの取材を受けました。本日(6月15日)の京都新聞の夕刊の8面に記事が載っています。購読されている方は是非ご覧下さい。


ラベル:アバカ
posted by プロオペ at 14:42| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。