2013年02月12日

Interview! プロジェクト 活動報告

12月14日(金)Interview!プロジェクト(以下Interview!PJ)のミーティングが行われました。

Interview!PJは今まで行っていたインタビューを打ちとめにして、冊子の制作に専念しています。
12月は撮り貯めてきたインタビューを文字おこししたり編集する作業をしていま
した。
そして今回のミーティングでは創刊号の台割・デザインの確認をしました。
itv004 (2)_R.jpg
前で台割を進める芸術研究科芸術文化研究専攻2年生久保田佳克さん

まず冊子に載せる人を誰にするかストックから選びます。
創刊号の後は第二号・第三号も発行する予定をしていますので、それぞれ偏りがなく面白くなるよう気を付けて人選していきます。
また冊子はどのくらいの大きさにするか、紙のサイズや質感、紙の止め方までこだわりを持って選びます。
itv004 (4)_R.jpg
左から情報デザイン学科1年生村瀬友里さん、空間演出デザイン学科2年生中西未麻さん、文芸表現学科1年生中野千秋さん

そして冊子を作るにあたって全体的にどのような雰囲気にするか、様々な案がでてきました。
本っぽくしたい方や新聞っぽくしてみたい、雑誌らしい華やかさも取り入れたいなど迷います。
その時に鶴の一言、担当職員木村さんから、"それ全部取り入れたら今までにないもんできそうやね〜"
その一声になるほど、とPJメンバー全員が納得となった結果スローガンは
本っぽく、新聞っぽく、雑誌っぽいもの」となりました。

その後紙面レイアウトが済んでいるものは少し手を加える程度で、まだ組めていないものは新しく組むようにして、レイアウトの役割分担もしました。

3月には冊子配布以外にもイベントも行われる予定です。
忙しくはありますが
良い物を作り上げるべく、Interview!PJは奮闘しています!

どのような冊子ができるか、またイベントはどのようなものになるのかとても楽しみですね。

おから


ラベル:Interview!PJ
posted by プロオペ at 17:18| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。