2012年12月16日

虎屋京都ギャラリープロジェクト

現在、虎屋京都ギャラリーにて開催されている『en -竹虎蒔絵井籠からみる匠の技術展-(以下「本展覧会」)』に行って参りました!
12月10日からスタートしたこの展覧会、そのタイトルからどのような展示内容なのか気になる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は本展覧会の内容について書いていきたいと思います。

ギャラリーに足を踏み入れるとまず迎えてくれたのは虎屋さん所蔵の竹虎蒔絵井籠。
私が思っていたよりも大きく、その存在感に圧倒されました。

13555287336700.jpg
本展覧会は展示内容が三つに区分けして構成されています。
工程ごとに木工・漆・金箔に分けられた展示には、職人さんが使う道具がずらりと置かれています。
なかなかお目にかかれないものばかり。

13555289723896.jpg
ここは木工のスペースですね。

13555289374314.jpg
漆のスペースにある展示品(一部)

13555288099751.jpg
金箔のスペースにある展示品

道具の中には珍しい材質で作られたものもあります。
たとえば人毛で作られた漆刷毛や、鼠の毛で作られた漆刷毛などがありますよ。

壁面のキャプションには展示品の解説も記載されているので、それぞれの道具がどのような用途で使われているのかがわかります。
ただ、キャプションはすべての展示品について説明していませんので、展示物で気になった物がある方はギャラリースタッフに声をかけてみると良いでしょう。

torasan009 (4).jpg
展示のキャプションに書かれている『壁面をご覧ください』の文字に導かれて壁面をみると、

13555288387003.jpg
写真つきで説明があります。

今回展示されている道具は、使用する人の生活や仕事に寄り添って現代まで残ってきたものばかりです。
職人さんたちによって使い続けられた道具だからこそ持つ味わいを感じました。


本展覧会は12/16(日)まで行われています。
近くにお立ち寄りの際には是非足をお運び下さい。

おから


ラベル:虎屋
posted by プロオペ at 10:00| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。