2012年11月16日

虎屋京都ギャラリープロジェクト

今年も冬本番がせまってきましたがいかがお過ごしでしょうか?
どうもこんにちは。プロジェクトオペレーションの「おから」こと岡田夏鈴です。

ご存じない方もおられるかもしれませんが、なんと今年7月にあの老舗菓子舗「虎屋」と本学がコラボレーションするプロジェクトが発足しました。
プロジェクトの概要は、虎屋京都一条店に併設されている「虎屋京都ギャラリー(以下ギャラリー)」において、
本学学生たちによる「京都の手仕事の現状と魅力を伝える展覧会」を企画・運営するものです。

虎屋さんは、学生が主体となって企画・運営することの意義を高く評価してくださり、
展覧会コンセプトから展示内容、広報物等にいたるまですべて学生の手による自由度の高いプロジェクトが実現しました。

洗練された素敵な空間(因みにこのギャラリーは建築家・内藤廣の設計)で、歴史ある老舗企業との共同企画。
このような素晴らしい機会を与えてくださった虎屋さんには本当に感謝です。


プロジェクトでは、まずは会場となるギャラリーや虎屋さんのこと、そしてなによりも展示内容となる伝統工芸について学生自身が学ばなければなりません。
 
そこで去る7月25日(水)にはギャラリーの見学を実施しました。
また、一般の団体のお客様がギャラリーで開催された京都観光についての研究会に参加させて頂き、お茶汲みやお菓子の配膳などのお手伝いをおこないました。
お店の方々と一緒になって働くことで、内側からの視点から虎屋さんを見る・知る・学ぶ機会となりました。
 
研究会では虎屋さんの歴史や和菓子の概要について紹介したDVDを鑑賞をしました。
その後、研究会参加者様の質疑回答を終え、虎屋さんの広報ご担当の方からレクチャーを受けました。

虎屋さんの歴史の深み。
和菓子に対する姿勢やこだわり。


あらためて今回のプロジェクトがどれほど貴重な機会なのかを実感しました。
また、すべてを任された私たち学生の責任の重さを再認識した1日でもありました。

虎屋さんに興味を持たれた方は是非ご覧ください!

虎屋さんホームページ→http://www.toraya-group.co.jp/
 
では以上で報告を終わります!


ラベル:虎屋
posted by プロオペ at 00:55| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。