2012年11月01日

アバカ・フェアトレード商品開発プロジェクト ミーティング10月23日

並河です。

10月23日のミーティングでは、デザイン案ラフスケッチの発表を行いました。


それぞれ考えた案についての説明をするメンバー

笈田真美さん(空間デザイン学科 1回生)
IMG_2933.jpg

西岡花歩さん(環境デザイン学科 1回生)
IMG_2940.jpg

山田真美さん(こども芸術学科 3回生)
IMG_2941.jpg

卯滝香織さん(こども芸術学科 4回生)
IMG_2944.jpg


デザイン案は、バッグ、下駄、箱、杖、コースター、ぬいぐるみ、蓄音機風スピーカー、絵などのアイデアが出ました。


発表を終え、担当教員の中山博喜先生やクライアントである特定非営利活動法人フェア・プラス 河西様から、アドバイスや感想を頂きました。

似ている商品は現地にもある為、特徴、違いを出す。
○すでに販売されている商品でも、デザイン性によって、日本人が買いたくなるようにする。
○商品と素材との関係を考え、アバカ素材を商品に生かす。「なぜこの商品にアバカ素材を使うのか?」
○アイデアは、ふわっとしていて、何となくこう出来たらいいな、という状態。それは詰められていないから。自分が見えていないところに対して人から質問されても答えられない。なので、もっと詰めて考える。



特定非営利活動法人フェア・プラスさんから出された条件は、
○フェアトレード商品という事を全面に出す売り込みではなく、商品そのものの魅力やデザイン性の高さがある事
○商品が日本で売れる事 です。
その条件を意識し、


フェア・プラスさんの設立記念フォーラムでも発表させて頂いた、
「デザインを考える発想力」という私たちの強みを生かし、
これからもデザイン案を詰めていきたいですね!


そのために、Facebook上の「グループ機能」を使って、それぞれが考えたアイデアをアップして共有し、メンバー達で意見を交換していきます。



フィリピンの現状や、フェアトレードについて理解を深める為、11月には3泊4日で
フィリピンへスタディーツアーに行く事になっています。
現地での活動の1つに、デザイン案の紹介を組み込んだプレゼンを行います。

諸事情により並河は参加出来ません。
私を含む参加が出来ないメンバーも、後で、参加された方々の経験談を共有させて頂きたいです。
宜しくお願いします。




ラベル:アバカ
posted by プロオペ at 19:14| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。