2012年10月31日

まか通プロジェクト活動報告「10月イベント・マツバラ異界物語」その1

こんにちは、「まか通プロジェクト」取材担当の中村です。

今回は先日10月27日(土)に開催されましたまか通企画イベント、
マツバラ異界物語」の取材報告をさせていただきます!


まずは午後3時からのトークイベントに先駆けて行われた、同日午後1時30分からの予約者限定オプションイベント「関本徹生氏と松原通フィールドワーク」の報告から。
こちらは今回のトークイベント内でも取り上げる、京都の松原通とその近辺をフィールドワークしながら、会場である「やすらぎふれあい館(京都市東山区)」へと向かうという企画です。


↓左の写真はイベントチラシの拡大パネルを持ち、集合場所の目印となっている岡本海くん(美術工芸学科3回生)。
集合場所にて 出発進行!
集合場所は、京都市営地下鉄「烏丸五条駅」1番出口付近。出発予定の午後1時30分には様々な年代の方が集まり、関本徹生先生(京都造形芸術大学教授)ナビゲートのもと、フィールドワークが開始しました(右の写真)。トークイベントに間に合わせるため、少々急ぎ足で進んでいきます。


↓左の写真から、亀山稲荷神社、松原 道祖神社、『三善清行邸跡』の碑。
亀山稲荷神社 松原 道祖神社 『三善清行邸跡』の碑
フィールドワークの中では数々の社寺や、跡地などを示す碑を目にしました。また上の写真でも分かるように、住宅やビルと密接していたり、建物の敷地内に存在するものが多く見られました。日常の中に、歴史あり! 関本先生(中央の写真・真ん中、右の写真)の説明が始まると、参加者の皆さんは熱心に耳を傾けておられました。

今回はとても広い範囲のフィールドワークでしたので、写真や逸話については一部をピックアップしてご報告いたします。以下は、会場に至るまでにまわった社寺などの順番と名称になります。


★START(京都市営地下鉄「烏丸五条駅」1番出口付近)

→「新玉津嶋神社」「『北村季吟先生遺蹟』の碑」

→「丹波国 亀山藩京屋敷跡」「中野之町 亀山稲荷神社」

→「松原 道祖神社」

→「光圓寺」「『親鸞聖人御入滅之地』の碑」

→「五條天神宮」

→「『三善清行邸跡』の碑」

→「府社菅大臣神社」

→「『源語伝説 五條辺 夕顔之墳』の碑」

→「『謡曲伝示 鉄輪跡』の碑」「鉄輪の井戸」「命婦稲荷神社」

→「松原橋」

→「『愛宕念仏寺 元地』の碑」

→「西福寺」

→「六道珍皇寺」


★GOAL!(トークイベント会場・やすらぎふれあい館)


これだけでは位置関係がよく分からないと思いますので、まわった社寺などをマッピングした地図(Googleマップ使用)を作成しておきました! よければご覧下さい。
<「マツバラ異界物語」フィールドワーク地図>


どれをピックアップして紹介するかは……続きの記事で!

まか通プロジェクト活動報告「10月イベント・マツバラ異界物語」その2に続く
(中村)
 


ラベル:まか通
posted by プロオペ at 23:27| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。