2012年08月31日

粟田神社大燈呂制作プロジェクト

どうも、こんにちは。
もう八月も残すところあと一日となりましたが夏の思い出はできましたか?
残す時間が少なくなると無性に焦ってしまったり、思い返すとこんなこともできた!なんて反省や後悔の念に駆られることもあります。
私も毎年これじゃあだめだとは思いますが毎年状況が変わるのでなかなか上手くいかないもんです・・・。
何事も思考錯誤の連続ですが上手くいくと楽しくて苦にならないので頑張れます。

さて!
これから紹介する粟田神社大燈呂制作プロジェクト(以下粟田プロジェクト)は、制作期間が7月14日〜9月1日までの一期9月後半〜10月搬入までの二期に分かれています。

そして粟田プロジェクトは第一期制作がもう少しで終わってしまいます。
もう制作期間がほとんどなく、制作スピードも加速し、一気に制作が進んできました!!

それでは、見てみましょう。

awata011-1.jpg
針金作業は少し難しく、手作業のため作り手の針金を曲げるさじ加減で大燈呂の形が決まります。
特に顔の部分や手の部分など、表情の表現が要求される部分は慎重に的確に作らなければなりません。
根気の要る大変な作業であると同時に、できた時の達成感はおもわずにやりとしてしまうものがあるでしょう。

awata011-3.jpg
細かく作るために資料も参考にしながら進めます。

針金作業がほとんど終わると照明を入れたり、紙貼りの作業が始まります。
紙貼りに使う真白な紙はボンドがはみ出さないよう、しわにもならないよう貼っていく必要があります。
awata011-7.jpg
照明の電球が入りました!

粟田メンバーにもこの紙貼り作業の得意不得意があり、苦戦している様子もあります。
特に一回生は経験をしたことがないので綺麗に貼ろうと毎日挑んでいます。
awata011-5.jpg
awata011-6.jpg
紙貼りが進んできたねぶた。

これは美しいですね…!
写真だとわかりづらいのですが、一度生で見てもらえばわかります。
紙を貼ると、針金だけの時も無骨な雰囲気がかっこよかったのですが、
真白っという色のおかげもあるのか清楚で滑らかな美しさがでてきたように思います。

形も更にわかりやすく立体的に見えてきました。
本当に驚くような勢いで紙が貼られていきます。
また、手伝いの人も沢山貼っていってくれるので作業ペースが格段にあがっています!
手伝いに来てくださっている方、本当に有難うございます。

この紙貼り作業は9月1日に粟田神社の氏子さんをお招きして一緒にする予定もあります。完成間近のねぶたを見て、氏子さんも驚くこと間違いなしでしょう。
awata011-8.jpg

作業は毎日ありますが
自分たちの使えるだけの時間を使って毎日制作に励んでいる粟田メンバーを見ていると
私は自分に甘くなりそうな時も頑張れます。
なにか頑張っていると思わぬところで誰かの励ましや力になっていたりするので
人生なにが起こるか、その一つの行動でなにが起きるかわからないものです。


以上で報告をおわります。
お疲れ様です〜。
awata011-2.jpg
菩薩さんの頭部と映画学科二回生・坂田篤史さん


おから


ラベル:粟田
posted by プロオペ at 16:24| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。