2012年08月26日

Interview!プロジェクト イベントプレゼン

コンニチハ〜イシザキです。
今日は、6月29日のInterview!の活動をお伝えします。
ゲストに入学課、ブログ編集長の吉田大作さんをお呼びし、オープンキャンパスイベントの企画プレゼンを行いました。(イベントは7月29・30日に行われました)
プレゼン準備中.JPGプレゼン★.JPG

各チーム、練りに練った企画を発表します。
プレゼン1.JPGプレゼン2.JPG
★松浦由奈さん(情報デザイン3)          ★中野千秋さん(文芸表現1)
★中西未麻さん(空間演出デザイン2)       ★湊 磯沙妃さん(空間演出デザイン3)
★イム・イエヒョンさん(芸術表現・アートプロデュース2)


プレゼン3.JPGプレゼン4.JPG
★中西一貴くん(文芸表現1)          ★津田智子さん(こども芸術1) ★辻井千絵さん(情報デザイン1) 
★宮崎真緒さん(舞台芸術2)          ★村瀬友里さん(情報デザイン1) ★夜久琴絵さん(情報デザイン1)



吉田さんから、「企画の趣旨を全体で共有し、明確にした方が良い」というアドバイスが。
今回、高校生をターゲットにした企画内容を発表しました。
しかし!それは一体「どんな」高校生なのか?
みんなの想像の中の「高校生」になってないかな?!

吉田さん.JPG真剣.JPG
吉田さんに感想とアドバイスを頂きました。イベント企画の裏話など、赤裸々に語ってくれました。まるで講義のようでした!


吉田さんは、毎回イベントを事細かにリサーチし、企画に反映させているそうです。
例えば、『○月のオープンキャンパスでは、高校○年生が一番多い。保護者の方は○%
★考える流れとしては、趣旨→企画→広報
趣旨が明確でなければ、企画もつまらないものになります。
趣旨と企画さえ固まれば、広報の仕方は自然と見えてくるそうです。

また、『印刷物を配るだけが広報ではない』という吉田さん。
例えば、何かのイベント終わりに突撃して、「この後そこで、○○というイベントやります!ついてきて下さい!」と言えば、そこにいるお客さんを呼び込める。
お金をかけなくても、宣伝はできるんですね!企画に合った、一番効果的な宣伝方法を考えたいものです。そこはみんなのアイデア次第!!
  

〜プレゼン後の様子〜

作戦会議.JPG意見発表.JPGチーム会議.JPGチーム会議2.JPGチーム会議3.JPG相談中.JPG
プレゼンが終わり、吉田さんが帰った後…
アドバイスを元に、みんなで趣旨を再確認。もう一度企画を練り直しました。

「私がこの大学に入った理由」を話したり、お客さんにどんな気持ちで帰ってもらいたいか考えたり…熱い意見が飛び交いました!
こんな風に本音をぶつけあえるのは、『良いイベントにしたい!面白い企画にしたい!!』とみんなが思っているからなのでしょうね。

吉田さんから刺激的なアドバイスももらい、とても有意義なプレゼンになりました。
吉田さん、ありがとうございました!!
次回はオープンキャンパスのイベントについて報告します。


posted by プロオペ at 13:17| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。