2012年07月28日

アバカ・フェアトレード商品開発プロジェクト ミーティング7月24日

こんにちは。火曜日ブログ担当の並河です。

今回は、商品開発に向けて「ペルソナの仮面」というマーケティング方法を使って考えていきました。
これは、
お客さんの立場・視点になって商品のアイデアを考える
ターゲットを明確にする
という目的があります。

架空の人物を考えて、とても具体的な設定を考えて表に書き込んでいくという方法です。
例として、「設定」という項目の所に「年齢」と記入して、「イメージ」という項目の所に「28歳」と記入します。(年齢   28歳 となります)
同じように
○子ども      2人(男1人、女1人)
○性格       寂しがり、社交的、華やか、周りを明るくする
○家族構成    夫、夫の両親2人、子ども2人、自分の6人家族
などの様に、人物像をとても具体的に設定していきます。
みなさん集中して書いている様子です。
IMG_2781.jpg

人物像を具体的に設定するだけでなく、
人物像を具体的に設定した上で、商品案のアイデアを出す事が大切です

そして、それぞれ考えた案を発表していきました。
IMG_2784.jpg
発表では、様々な世代のターゲット層があげられ、商品のアイデアは、防寒対商品、洗濯かご、手芸キット、マイコースター、秘密基地などが出ました。

そして、次回(8月7日)のミーティングまでの課題があります。
「アバカ商品の可能性をリサーチしよう!」です。
アバカにどのような商品の可能性があるかを調べる為に自分が設定したターゲットに近い人を探して、実際にアバカの素材を見せて伝えます。その上で、
「あなたはどんなアバカ商品が欲しいですか?」
と実際に色んな人にどんどん意見を聞いてリサーチしていきます。


アバカの素材には、色んな種類があります。
IMG_2787.jpg
メンバーはこれらの素材をそれぞれ少しずつ持ち帰り、リサーチの際に相手の人に見せます。


ありきたりの商品ではなく、オリジナリティの強い商品を生み出していく事が求められます。

今の時期はとにかくどんどんアイデアを出していく事が大切です
アイデアを「まだ考えないといけないの?」というような所まで突き詰めて考えるなど、、自分のやりやすい方法で、とにかくどんどんアイデアを出していきましょう!


ラベル:アバカ
posted by プロオペ at 18:42| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。