2012年05月21日

「まか通」ワークショップ告知と活動報告 その1

こんにちは。月曜日ブログ更新&まか通プロジェクト取材担当の、中村です!
まか通では先週も定例ミーティングやフィールドワークなど、色々な活動があったのですが……
今回は、今月26日(土)に行われる「ワークショップ企画」を中心に報告していきたいと思います。

では、まずはワークショップ企画の告知から。

〜まか通 今年度第1回目のワークショップ!〜
東山を遊びつくそう!!わくわくよろいづくり!

5月ワークショップチラシ表  5月ワークショップチラシ裏
◆イベント内容(チラシより引用)
5月5日の「子どもの日」のことを端午の節句とも呼びます。端午の節句に飾るよろいには健やかな子どもの成長を願い、魔除けの意味がこめられています。みんなでダンボールのよろいを装飾しながらワイワイ楽しみ、東山区のよろい出しについても学ぼう!

◆日時 5月26日(土) ※小雨決行(雨天時は翌日27日(日)開催)
 開場 12:30
 開演 13:00〜(終了予定16:00)

◆会場  六原ハウス(京都市東山区薬師町229)
    【チラシ裏面の地図を見る】 ※Googleマップはこちらへ
◆定員 20名
◆参加費 無料(カンパ制)
◆持ち物 飲み物、はさみ

★お申し込み方法
下記のE-mailアドレスまたは電話にて「まか通5月ワークショップ予約」と伝え、お名前・ご連絡先を添えてお申し込みください。
(E-mail)maka2pro@gmail.com
(電 話)075-791-8763 
     京都造形芸術大学プロジェクトセンター 木村
    (受付時間 9:00〜16:00 ※土日祝を除く)

※予約なしでの当日参加も可能です。
※当日は会場付近に、チラシと似た看板を持ったスタッフを配置しています。見かけたら気軽に声をかけて下さいね!

告知は以上です。

このワークショップでは、「鎧作り」を1時間半ほど行った後に、東山区弓矢町での「鎧出し」を見学しに行きます。
その「鎧出し」では、何と! 本物の鎧を見ることができるんです!
弓矢町では毎年、祇園祭の際、町家に鎧・兜を飾るという行事があります。今回はその「鎧出し」を、まか通のワークショップに合わせて行ってもらえる事になったそうです。
私は昨年まか通のメンバーだったので、この鎧出しのお手伝いをさせていただけたのですが、滅多にできない体験だったと思います。一体どんな鎧を飾るのか、その他「鎧出し」についての詳細は……ワークショップに参加してのお楽しみ!です。

「まか通」ワークショップ告知と活動報告 その2 に続きます。
 


ラベル:まか通
posted by プロオペ at 22:39| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。