2013年07月27日

HAPii+プロジェクト 7月12日 学内プレゼンテーション(papico班)

おはようございます、HAPii+取材担当の山崎です。
今日は7月12日に行われた大学内でのプレゼンについて報告していきます。



HAPii+のヒーロー

今回のHAPii+のヒーローは情報デザイン学科イラストレーションコース3年生の
鴨田大さんです。
HAPii+プロジェクトは23名中2名が男子と圧倒的に女子が多いのですが、鴨田さんはみんなの意見に耳を傾け、相手の意見を受け入れながら自分の意見もしっかりと発言しています。
その姿は頼れるお兄さんの様です。
彼はPapico班(ワークショップ)に所属し、12日に行われた学内プレゼンでは企画したワークショップを得意のイラストを添えることで、より伝わりやすいものにしていました。
鴨田さんは大のカッパ好きということで、papico班のメンバーから「カッパさん」という愛称で呼ばれており、いつも和気あいあいとミーティングに参加しています。
これから病院へプレゼンするにあたり、ワークショップの様子をもっと詳しく描いたイラストを用意されるようで、拝見するのが楽しみです!


IMG_3357.jpg
↑イラストを担当した鴨田さん



上記にも書きましたが、今回はつぼみ班(制作)とpapico班がそれぞれ学内プレゼンテーションをしました。
病院にプレゼンを行う前に、直接のクライアントである特定非営利活動法人アーツプロジェクトの理事長・森口ゆたかさんをゲストとして招き、プレゼンが行われました。
顧問教員・森本玄先生、そして過去にHAPii+プロジェクトメンバーとして活動された2名の先輩方にもアドバイスをいただきます。

今回私が紹介するのはpapico班のプレゼンの様子です。
つぼみ班のプレゼンの様子は茜音さんが紹介してくれています!




今回のプレゼンでpapico班は、班内でのテーマ『与え合う』をもとに、4つのワークショップを提案しました。


1つ目は“光で遊ぼう”です。
こども達に蓄光テープを好きな形にちぎってもらい、それを壁に貼ってもらいます。
壁に貼り終わったら、部屋の電気を消します。
光に当たっていたテープが暗闇の中で浮かび上がる仕組みです。
ワークショップの最初と最後にオリジナルの絵本の読み聞かせをして、こども達にはその絵本の主人公になってもらう、というストーリー仕立てになっています。
このワークショップは病院の夜の暗くて怖いイメージを払拭させたいという思いが込められています。


2つ目は“ファッションショー”です。
“光で遊ぼう”と同じく、オリジナルの絵本の主人公となったこども達が、紙やモールでリボンなどを作り、お互いに飾り付け合ったり、お医者さんや看護師さんに飾りをつけたりして、最後は病院内をランウェイに見立て、ファッションショーを行います。
このワークショップでは仲間と楽しみを共有して遊ぶことを目的としています。


3つ目は“影絵遊び”です。
まずは手や体を使った影絵をこども達に紹介し、一緒にやっていきます。
応用編で、みんなでオリジナルの影絵を考えたりもします。
次に、紙を切ってオリジナルの影絵を作ります。
その人形を使って最後に影絵の劇を大学生が公演します。
このワークショップでは協調性と想像力をかき立てます。


4つ目は“図鑑作り”です。
“光で遊ぼう”、 “ファッションショー”と同じく、絵本の主人公となったこども達が隠された虫のシールを探して、図鑑に貼って完成させます。
貼ってくれた子の名前を図鑑に書き込んで、みんなで作り上げていきます。
このワークショップでは発見する楽しさ、図鑑を完成させる達成感が得られます。




4つのワークショップに共通して大切にしたいことは「環境作り」だそうです。
いつもの部屋でワークショップを行うのではなくて、その空間を非日常的な物に変えてこども達にもその世界観の中に入り込んで楽しんでもらうことを目的として掲げていました。
そして、このプレゼンで使われていたパワーポイントに鴨田さんのイラストが多く使われていてワークショップの楽しそうなイメージが伝わってきました!
プレゼンを聞いていて、もし私が小学生だったらこんなワークショップが体験出来たらもの作りがもっと好きになるだろうな、と思いました。




森口さんや、森本先生、先輩方からのアドバイスとしては…

ファッションショーでお医者さんや看護師さんに長い時間協力してもらうことは難しいと思われる。
そこの予備案もしっかりと考えたほうがいい。
それに完成形よりもその過程が大切。

時間配分を決めた方が、病院側も実行できるか判断がしやすい。

広報のために、こども達に配れるポスターやDMを余裕があれば作れるといい。

こども達は楽しいことをちゃんと見分けることが出来るから、大学生も本気で楽しんで遊ぶ!
そうしたらこども達も興味を持ってくれる。




これらのアドバイスを生かして、病院へのプレゼンではより良いものになりそうです!

7月19日はついに京都府立医科大学附属病院へプレゼンをします!
つぼみ班もpapico班もここからよりよいプレゼンになると期待しています!!

山崎


ラベル:HAPii+
posted by プロオペ at 09:13| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。