2013年02月06日

ギャルリ・オーブプロデュースプロジェクト活動報告

どうもこんにちは。
この前は節分がありましたが皆さんはいかが過ごされました?
私は用事があったのでとりあえず豆を年の数だけ食べておきましたが、思いっきり豆まきしたかったです。
人生は悔いのないよういきたいですね〜。

さて1月23日オーブプロジェクトはNA410にてミーティングとプレゼンテーション(以下プレゼン)を行いました。
18:00にメンバーは集合してプレゼンの打ち合わせを行い、18:30に来る大野木先生を待ちます。

今回のプレゼンは前回出たたくさんの案からオーブメンバーで一つ選びだし、内容をさらに練った企画を大野木先生にお伝えします。
頼れるリーダー情報デザイン学科二回生吉本涼美さんが代表でプレゼンしてくれました。

オーブメンバーが選んだ企画は「えほんのじかん」という企画です。
本学にあるこども図書館ピッコリ―から絵本をお借りし、
その絵本を展示して、いつもとは違うアート的視点で絵本を読もうという企画です。
オーブのやわらかい空間に展示することで、リラックス×展覧会というものを目指すそうです。
人工芝をおいて寝転んで読むことや、丸テーブルと椅子を置いたりしてゆっくり読んでもらいます。
アイデア帳やコルクボードを置くことで学生同士のコミュニケーションやアイデアを出す場所としても使ってもらえるように工夫します。

また、大学生のためのプロの方による絵本の読み聞かせイベントを同時開催しようと考えています。


この案への大野木先生の回答は空間を絵本っぽくしたり、なにか上手に空間を生かすことができたなら良いとのことでした。
また現段階でピッコリーへの承諾をとっていないので、ピッコリーが承諾するか気にかけていらっしゃいました。
絵本が手元にあることも最重要項目ですが、とにかく空間をどう生かして、楽しい場にするかも大切なようです。照明や展示物の配置についてのアドバイスをしてもらいました。

これからは
・どのようにオーブで展示をするか
・ピッコリーへのアポ取り
・本の管理の仕方


について話を詰めていこうと思います。
この企画でオーブプロジェクトは最後の企画となります。悔いのない企画にできればいいですね!
それでは報告を終わります。

おから


ラベル:オーブ
posted by プロオペ at 00:54| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。