2012年12月15日

よしもと×京都造形新商品開発プロジェクト


こんにちは、土曜日ブログ更新担当のMATSUDAです。

今回は、なんと!
あの『よしもと興行』そして『京都伝統工芸品の京扇子』がコラボレーションいたしました新商品開発プロジェクト別名改め、『NEW扇子開発プロジェクト』のデザイン案が決定いたしましたのでご報告いたします。

【第2回大西常商店様、よしもと様へ向けてのプレゼン会議】

第2回へ向けての会議



プロダクトデザイン学科教授北條先生のご指導により更なるクオリティUPを目指すことは毎回の事、第一回の会議で大西常商店様からご指示をいただいたデザイン案のみに的を絞りまして、グループ内で意見を交えたり、協力連携プレーをはかりつつ第2回プレゼンテーションに備えるのです。


そして、12/6(木)18:00〜第2回プレゼンテーションおよび扇子デザイン案決定会議が開催されたのでありました。今回選ばれしデザイン案の特徴をご説明いたしますと『男モノ5点、女モノ5点』の『計10点』。
男物と女物のデザインでは女モノのサイズが一回り小さい扇子となっております。


そして、上記の条件をふまえまして、今回の会議で決定いたしましたデザイン案達は多少のブラッシュUPを施しましてから2月〜3月あたりで扇子化されるのであります。どんなデザイン案になったのか・・・それは出来てからのお楽しみと致しましょう!



『今後の予定』

•商品に関する『タグ』『店頭POP』等の作成

•本プロジェクト活動に関する小冊子の作成

•某テレビ番組局での学生記者会見

•あの大物芸能人に学生が扇子をプレゼント!?

等々・・・


商品化に向けてのイベントや試練がまだまだ目白押しでございます!
今後ともまだまだ本プロジェクトから目が離せませんネ!

以上がご報告となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。


MATSUDA


ラベル:よしもと
posted by プロオペ at 08:00| Comment(0) | MATSUDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

まか通プロジェクト活動報告「鐘馗さん作り2 〜受け渡し編〜」

こんにちは、まか通プロジェクト取材担当の中村です。
皆さん、先月初めに開催されたまか通11月ワークショップ企画
「鐘馗さん作り2」を覚えていらっしゃいますか?

<鐘馗さんの説明と「鐘馗さん作り2」の報告記事はコチラ>

こちらのワークショップで作られた鐘馗さんですが、焼き物でしたので、お客さまには窯で焼成ができた後お渡し……となっていました。
その受け渡しが11月25日(日)に行われましたので、今回はそちらの報告をさせていただきます。


窯出し中(東山区役所の施設にて)
こちらの写真は受け渡し前日、24日(土)の窯出し作業中の様子です。ワークショップ企画者である吉田瑞希さん(美術工芸学科3回生)の手から1つ1つ、丁寧に鐘馗さんたちが取り出されていきます。そして割れないように細心の注意をはらいながら梱包し、翌日の受け渡し場所である「六原ハウス(京都市東山区薬師町)」に運ばれました。
 
翌日25日(日)、鐘馗さん受け渡し日。
待機中の鐘馗さん 鐘馗さん「受け取りまだかな…(どきどき)」
完成した鐘馗さんたちが板の上に並び、引き取られるのを今か今かと待っています。
化粧土が塗られた鐘馗さんはどれも渋い、味わい深い色に変化していました。塗られていないものは素焼きの素朴な風合いがあり、こちらも何とも言えない良い仕上がりです。

受け渡し
受け取りにきた方(写真内、左端)に鐘馗さんをお渡しした時の様子です。他の受け取り待ち鐘馗さんにも興味を持たれ、化粧土を塗った場合の色合いなどについて吉田さんから説明を受けられていました。

他にも「ぜひ家に飾ります」と言って下さった方や、「飾って私も鐘馗さんを広めます」と言って下さる方などなど、受け取った方々は笑顔だけでなくとても嬉しい気持ちを与えてくれました。このようにイベントを通じて、徐々にでも鐘馗さんを知る方や愛着を持つ方が増えていけばと思います。

また、そうして日々をより豊かに過ごしたり、様々な視点からものごとを見る人が増えれば、まちでの暮らしが今まで以上に楽しいものとなるのではないか……とも思います。


そして前日の記事と同様の告知になりますが、
今月16日(日)には今年度最後のまか通企画イベント
「リュウコウ×デントウ」が開催されます!
12月イベントチラシ表
流行とは何か?伝統とは何か?」……一見、両極端に見える2つの要素を客観的に見つめ直し、社会の表層と深層に潜む2つの“ことおこし”を探る「トークイベント」と、アマチュア落語家を招いての「落語」の2部構成での開催です。

身の回りの流行や伝統をもう一度、素朴な観点から見直す今回のイベント。日々の暮らしが更に豊かになる、新たな視点や考え方を得られるかもしれませんね。

現在も予約受付中だそうですが定員がありますので、参加をご希望の方はお早めにご予約下さい! 会場など詳細はこちらの記事に記載しています。皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。


中村
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 01:43| Comment(2) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

Kyoohooプロジェクト

皆さんこんにちは
美術工芸学科の涌井一真です


この前近くの田んぼを覗いてみたら、うっすら氷が貼っていました
白い息が出るような時期になったと思っていたら、もう雪の降る季節です
そんな寒さの中でも、負けずに頑張って行きたいものです。


今回もKyoohooプロジェクトに取材をしてきました。


IMG_1027.JPG

現在の進行状況は、中間プレゼンを終え、ブラッシュアッププレゼンという最終プレゼンへ向けて、今自分たちの目指しているものに磨きを入れていく段階に入っています。もう中間を過ぎたと言うこともあってどのメンバーも一番初めに見学させてもらった時と比べ、プレゼンのクオリティが格段に上がってきています。

最初はパソコンを使えず手書きでプレゼンの資料を作っていた人も、いまではデータ化してわかりやすくまとめたものでプレゼンをしています。


まだ最終プレゼンまでは時間はありますが、
これからどのように発展していくかが楽しみです。
posted by プロオペ at 04:01| Comment(0) | 涌井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まか通プロジェクト活動報告「12月ワークショップ・東山カルタ大会」

こんにちは。まか通プロジェクト取材担当の中村です。

今回は、今月2日(日)に行われたまか通12月ワークショップ、
東山カルタ大会」の報告です!

まか通メンバーが伝えたい「京都市東山区の魅力ある場所」をカルタにし、
皆で遊びながら東山区の新たな一面を再発見しよう!という今回の企画。
 
カルタ会場 会場にて
会場にはカルタ用にゴザが敷かれたり(左の写真/畳っぽくてお正月みたいですね)、設置されたホワイトボードには可愛らしい絵が描かれていたり(右の写真)と、早めに到着をした私にとっては大会開始が待ち遠しくなる演出が……。
 
カルタの句 てづくりカルタ
これらは、イベントで使用するカルタです!
読み上げる句もイラストも、全てまか通メンバーが手作りしたもの。
とても気持ちがこもっているのはもちろん、中には思わず「へぇ〜」となる、豆知識が満載の句も作られていました。
 
カルタルール
こちらはカルタのルールを記載した札です。

大会はお昼の13時に開始。全3試合で各試合ごとに勝敗がつくという形式でゲームが進められたのですが、一般のお客さんだけでなくまか通メンバーたちも参戦し、会場は大盛り上がり! ルールに記されている立て膝などの「危ない行為はだめ!」という説明は、開始前はさすがにそんなことは……と思っていましたが、いざ始まってみるとあまりの盛り上がりに、確かに身体が前のめりになることがしばしば(笑)。
 
しかしスパーン!とカルタが取れた時のあの一瞬……たまりませんね!
 
ルールにも書かれているボーナスクイズは、「登り窯の最高温度は?」「豊国廟の階段の段数は?」などなど、答えを聞くと「そうだったのか…!」と勉強になるものばかり。ちなみに前者の答えは「1300度」、後者は「523段」だそうですよ!
 
 
試合中の写真は撮影の合間が無いほど盛り上がっていたため無いのですがが、「まか通ブログ」さんでは何枚かカルタ大会の写真が掲載されています。よろしければ、こちらでご覧下さい!
 
 
また、同会場では「鐘馗さん作り」の再挑戦が行われていたほか、「化粧地蔵をつくろう!」というワークショップも開催されていました。
 
化粧地蔵ワークショップ
写真中央は、お客さんの対応をされている櫻澤克征くん(美術工芸学科4回生)。
化粧地蔵のワークショップは、石やお地蔵さんの形に整えた発泡スチロールに絵の具で彩色(お化粧)を行い、お地蔵さんに対する愛着や化粧地蔵の風習を知ってもらおうという企画です。
 
「化粧地蔵」はお地蔵さんに彩色をほどこす風習で、京都市内の一部地域の地蔵盆でも見られるそうです。また京都府宮津市の地蔵は全て彩色されているそうで、会場では宮津市のお地蔵さんの写真展示もされていました(下の写真)。

写真資料
身近な存在であるお地蔵さんから、地域コミュニティ活性化のきっかけ作りを行いたい」という目的と思いから企画されているこのワークショップ。
風習を伝え、さらに受け継いでもらうことはそう容易ではありませんが、活動を継続して地域の方に見続けてもらえれば、少しずつでも広がり始めていくのではないかなと思います。これからの活動がとても楽しみです!
 
 
最後に……
先日も当ブログなどで告知しましたが、今月16日(日)にはまか通企画イベント
リュウコウ×デントウがあります!
 
トークショーと落語の二本立てでお送りする今回のイベント。詳細は、こちらのブログ記事からご確認下さい。ご参加、お待ちしています!


中村
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 02:04| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。