2012年11月18日

まか通プロジェクト活動報告「11月イベント・東山職人弾丸ツアー2」その1

こんにちは、中村です。
今回は昨日17日(土)に行われた、まか通プロジェクト企画イベント
東山職人弾丸ツアー」の取材報告をさせていただきます!


イベント当日は、あいにくの大雨……。
ですが粟田ルート以外の4ルート(五条陶器/生活用品/歴史/まか通)が集合場所とする「東山区役所1階」には、予約された方すべてにお集まりいただき、和気あいあいとした中での出発となりました!

また、東山三条での集合となっていた粟田ルートも、予約者全員が参加できたそうで、天候は雨だったものの良いスタートが切れたのでは?と思います。

ちなみに私は「まか通ルート」へ参加者の1人として同行いたしましたので、今回はそちらのルートをご報告。まか通が活動する京都市東山区六原地域界隈の職人さんなどを訪ねるコースです。

まず1件目。旧・藤平陶芸登り窯です。
まか通ルートリーダーの田中杏奈さん(情報デザイン学科2回生)から、こちらの登り窯についての説明がなされます。
ルートリーダーが説明中!
登り窯というのは焼き物の焼成に使う窯の様式のひとつで、斜面の傾斜にそって階段状に焼成室をいくつか並べ作られています。一番下の部屋で薪を燃やした熱が下の部屋から順に登っていくことで、連続的に焼成ができるので、多くのやきものを一度に生産することができます。しかしこちらの窯は排出される煙による大気汚染の問題が出てきたため、現在は使われていないそうです。

外からだと一見窯跡だとは分からないのですが、中に入ってみると……巨大な登り窯が姿を現しました!
「まだ生きている」と感じた場所でした
ここだけ時が止まっているような、すごく不思議な場所です。大切に保存されているからこそ、窯が動いていた時代の空気が身体で感じられるのかもしれません。

また、こちらでは以前窯を所有されていた「藤平陶芸」の方から特別に、この登り窯の説明をしていただきました!(下の写真)
登り窯の説明
この登り窯は明治30年頃に建設されたもので、粟田焼の素地製造を担っていた他、戦時中は陶器兵器(陶製の手榴弾など)の生産も行っていたそうです。また第二次世界大戦中は藤平さんを含む約10数社による合同生産のために、計15個の焼成室を持つ巨大な登り窯として動いていたとか!

戦後、藤平陶芸の所有窯となって以降は、ほぼ月1回のペースで焼成をされていたそうですが、登り窯による大気汚染が問題となって昭和43年に焼成を中止。現在は京都市が所有し、保存や活用に向けての様々な取り組みが進んでいるそうです。

こういったお話を実際に窯を見ながらお聞きしたことで、「京都の焼き物の歴史を伝える場所として非常に重要な窯なんだな」ということが強く感じられた1件目でした。ご説明ありがとうございました!


2件目は、竹工芸品をつくられている竹美斎(ちくびさい)さん。
とてもお若い方だなと思ったら、最近こちらに通い始めたお弟子さん(左の写真)だとか。今回はお仕事の傍ら、様々なご説明をいただきました!
お仕事中のお弟子さん
こちらは主に注文を受けて竹製品を製造されているのですが、注文される方々は料亭など、60年以上の付き合いだというお店が多いそう。今回お訪ねした時には、料亭からのご注文だという「てんぷらカゴ」(左の写真内、右下隅)が仕事場にたくさん積まれていました。

ちなみにお弟子さんは、伝統工芸の技術を学ぶ学校を卒業されており、そちらで先生として来られていた竹美斎のご主人に出会い、卒業後に弟子入りしたとのこと。こうして伝統工芸を受け継ごうとする人、現場を知り、これからは「職人たちの手から生まれる品物」へともう少し意識を向けて過ごしていきたいなと思いました。

竹のかさ。美しい…。 竹のドレス!
左の写真は、師匠であるご主人が作られた電球カバー。手作りだからこその温かみがあり、また美しい一品ですね。
右はなんと、ファッションブランド「イッセイミヤケ」とコラボしてご主人が制作に関わられたという「竹のドレス」! パリ・コレクションにも出品されたそうですよ。

この他にも現在は、皆さんご存知の「グッチ」ともコラボしているんだとか……。これからの活動に注目です!

まか通プロジェクト活動報告「11月イベント・東山職人弾丸ツアー2」その2に続く


ラベル:まか通
posted by プロオペ at 06:05| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まか通プロジェクト活動報告「11月イベント・東山職人弾丸ツアー2」その2

まか通プロジェクト活動報告「11月イベント・東山職人弾丸ツアー2」その1の続きです。前の記事をご覧でない方は上のリンクよりお読み下さい)


3件目は冨田工藝さん。
こちらでは仏像や、位牌などの仏具の制作をされています。

仏像などを作る冨田工藝
今回ご説明いただいた方は、実は京都造形芸術大学の卒業生! ご家族がこちらの工房の方と知り合いだったことが縁になり、仏像などへ興味を持ち、勤め始めたそうです。始めはアパレル業界を目指してファッションを学ばれていたそうですが、このように何かキッカケがあれば、別の領域からでも職人やもの作りの世界に入ろうという人が生まれるのかもしれませんね。

製作中の仏像がずらり
奥の作業場には、製作中の仏像が多く置かれていました。この仏像制作は10年で1人前と言われるそうで、最初の内は「仕上げ」と呼ばれる、像の端々を綺麗にする作業から担当するそうです。

また、仏像の他に取り扱っておられる位牌についてお話をお聞きしたところ、日本では今は中国製品が9割を占め、残りの1割の生産を国内で行っているそうです。安く手に入るのはいいことですが、私は大切な人の位牌を作るのであれば、やはり安さよりも自分の国で生産された手間ひまかけて作られたものにしたいなぁと思いました。


4件目は、桐箱職人さん。
今回お会いした職人さんの中ではかなり年上でした。こちらでは、職人さんのとてもにこやかな対応に、ツアー中の私たちも思わずほんわか〜な雰囲気に。

桐箱職人さんの丁寧なご説明 持ったら意外と軽い桐の箱
こう組み合わして作っていくんやで〜」と、製造途中とおぼしき桐の板を見せながら(左の写真)、とても丁寧にご説明いただきました! 今回のために準備してくれたのかと思うと、とてもありがたいです。

右の写真のような桐箱は、掛け軸を入れるためのものだそうです。実際に持たせていただきましたが、とても軽くて一同びっくり! ちなみになぜ桐の箱を用いるのかというと、表面がすぐに焦げて炭化し易い反面、それ以上中が燃えなくなるため、中に入っているものまで焼けてしまわないからだとか。

このため金庫の内張りにはこの性質を利用して、今でも桐材が使われているそうです。素材を知り尽くしている先人たちからの知恵、ですね!


最後に、近年新たに発掘された登り窯、道仙化学製陶所 跡地を見学しました。この場所は立命館大学文学部考古学コースの方々が発掘されるまでは、窯は埋められ、桜の木が植えられていたそうです。

路地奥の窯跡
こちらは日々の暮らしの中で使う器ではなく、「化学陶磁器」と呼ばれる特殊な焼き物を焼いていた窯。主に、電線を絶縁するのに使われる「碍子(がいし)」などを作られていたそうです。

このすぐ近くは住宅やお店が建ち並び、人々が行き交う五条通。しかしとある路地に踏み入ってみると、奥には小規模ですが、最初に訪れた藤平さんの所とはまた違った角度から人々の暮らしを伝える登り窯が待っていました。

……以上でまか通ルートのツアーは終了となり、東山区役所へ。アンケートを記入したのち、解散となりました。13時から15時というまさに雨雲が直撃した中でのイベントでしたが、参加された方々からは積極的に質問が出、またメンバーも参加者も和気あいあいとした良いツアーになっていたと思います!


今回お訪ねした職人さんやそのお仕事、登り窯は、一見するとただの「古い、昔のもの」かもしれません。

ですがそこには確かに今も「」と感じるものがあったり、
大切にしたい「知恵」や「精神性」を持っていたり、
人々の暮らしと共に在った証を今なお伝える「生きた場所」であったり、
見れば見るほど、知れば知るほど心を揺り動かされるものたちでした。


現代に生きる私たちにも伝わる何かを持つのであれば、歴史はあっても、決して「古めかしいもの」では無いのではと思いました。

ですのでもし、「そういえば職人さんの手しごとや品物ってじっくり見たこと無いな」という方がいらっしゃれば、見る機会が巡って来た時はぜひ!そちらに足を運んでみて下さい。実際に見て、触れることで、新たなものの見方が得られるかもしれませんよ。

なお、「まか通コース」も含めた全コースの報告は、「まか通ブログ」の方でメンバーたちから行われる予定ですので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね!

以上、中村でした。
 
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 06:05| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。