2012年11月06日

まか通プロジェクト活動報告「11月ワークショップ・鐘馗さん作り2」

こんにちは、「まか通プロジェクト」取材担当の中村です。
朝晩はずいぶんと寒さを感じるようになってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は先日3日(土)に行われました、まか通のワークショップ企画
鐘馗さん作り2」の取材報告をさせていただきます!


日差しの暖かな午後1時過ぎ。会場の「六原ハウス(京都市東山区薬師町)」へ向かっていると、今回も案内役のまか通メンバーが出迎えて下さいました!

笑顔の案内役 おや、池上くんの足元に……
左の写真は、左から井上侑子さん(情報デザイン学科1回生)と岡本海くん(美術工芸学科3回生)。右の写真は、左から松内桃子さん(情報デザイン学科1回生)と池上隼平くん(環境デザイン学科3回生)です。こうして笑顔で出迎えてもらえると、これからのワークショップがより楽しみになりますね!

屋根の上の鐘馗さん
ちなみに、この企画の主役である「鐘馗さん」というのはコチラ。家の守り神として町家の屋根などに飾られている、魔除けの置物のことです。辺りを見回すと、意外と身近な場所で見られる鐘馗さん。いつも傍でまちを見守ってくれているこの神様を、「鐘馗さん作り」などを通して楽しみながら知ろうというのが、今回のワークショップ企画です!

なお、企画タイトルの「2」というのは、昨年も同様のワークショップが行われているため。昨年は盛況でしたが、今年はどうかな?と思いながら会場に足を踏み入れると……。

大にぎわいの六原ハウス
ワイワイガヤガヤ、人の声と熱気があふれ、今年も大盛況となっていました♪
写真でも分かるように、お子さんからお年寄りの方まで、様々な年代の方が参加されています! 作られる鐘馗さんも十人十色で、見ているだけでも十分楽しめるワークショップです。

なんでも作ります、作れます
特に子どもたちは、鐘馗さんに限らず色々な形を粘土で作り上げていました! 鐘馗さん以外にも受け取り希望の作品は一緒に焼成するとのことで、喜んで希望の作品を選んでいましたよ。ヤッタネ!


……その後、撮影のために会場内を歩いていると、参加者として鐘馗さん作りに取り組む岡本斐さん(京都造形芸術大学プロジェクトセンター職員)を発見! 丁度、鐘馗さんを作り始めたばかりでしたので、完成までの作業風景を撮らせていただきました。

形作り
写真内、左下が用意された粘土です。ここから必要な分を取り出し、丁度良い堅さになるまで手でこねます。ここからの作り方は人それぞれですが、岡本さんの場合はまず、大まかな形(シルエット)をとらえていきました。

細部を表現していく 化粧土で彩色
次に、配られた竹串やヘラを使って表面を彫りながら、鐘馗さんの特徴である「髭」や「剣」などを形作り(左の写真)、化粧土で色づけ(右の写真)をして……

完成です!
完成しましたー!! お疲れさまです!


今回のワークショップは、老若男女問わず誰もが「土」に触れる事を楽しんだり、オリジナル鐘馗さんの完成を喜ぶ、笑顔あふれるものとなっていました。寒さから室内で時間を過ごす事が多くなってくるこの季節ですが、こうして肩を並べながら、青空のもとで人や土と触れ合うのも楽しいですね!

なお、参加者の皆さんが作られた鐘馗さんたちは、ある程度乾燥させたのちに焼成され、今月25日(日)に受け渡しが行われます。場所は同じく、六原ハウスにて。こちらも取材ができ次第、皆さんにお伝えさせていただきます! お楽しみにっ!


中村


ラベル:まか通
posted by プロオペ at 23:15| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

コクヨ×コクヨファニチャー×京造〜PLAY-まなびのためのあそび-プロジェクト〜

取材を担当させて頂くことになりました、キャラクターデザイン学科2回生の並河です。
これから宜しくお願いします。


初めてのミーティングが10月31日(水)に行われました。

このプロジェクトでは、コクヨ株式会社、コクヨファニチャー株式会社と共に、
子ども向けの新商品開発に取り組みます。


人生の原点は遊びです。
子どもの生活において、遊ぶことが多くの時間を占めています。
開発した商品は実際に子どもに使ってもらいますが、子どもたちが商品を通して遊び、その中から学びを得ることを目指します。 


コクヨ株式会社コクヨファニチャー株式会社より、メンバーに向けて、
商品開発の考え方について、プレゼンテーションも行われました。
DSC_0032skokuyo.jpg

DSC_0034skokuyo.jpg



商品開発のプロセス

こども芸術大学※1に通う子ども達と一緒にワークショップに取り組みます。

子どもの気持ちを理解するため、子ども達の目線になって彼らの振る舞いを観察したり、対話などをして関わる中で見えたものについてディスカッションを重ねます。


(※1こども芸術大学とは、3歳から小学校入学前までの子どもとお母さんを対象とした、幼稚園や保育園に並ぶ教育機関です。
(こども芸術大学ホームページより引用 http://www.kodomo-art-ac.jp/


そして、彼らの欲しいもの(ニーズ)を発見します。
それを商品という形にしていきますが、
今までにない新しい、価値ある商品をつくりだす事が求められています。 

そこで、学生ならではの柔軟な発想・斬新なアイデアが必要とされています。


商品のアイデアやデザインを出し合って意見交換をし、新しい、価値ある新商品の創出を進めていきたいですね!


自己紹介では、メンバーのみなさんの 抱負を聞かせて頂きました。

自己紹介の様子
DSC_0016s.jpg

○子どもに興味があり、学ぶ事ができる良い機会なので、様々な知識を身につけたい。
○子どもと、ものづくりの両方が大好きなのでこのプロジェクトに参加出来て嬉しい。
○子どもが苦手だが、このプロジェクトを通して、子ども目線で考えられるようになりたい。そして子ども目線に立ったものをつくりたい。

など、前向きな気持ちとモチベーションが伝わってきました。


コクヨ株式会社さん、コクヨファニチャー株式会社さんの公式ホームページで、商品やサービスの情報などを知る事が出来ます。

コクヨ株式会社
http://www.kokuyo.co.jp/
コクヨファニチャー株式会社
http://www.kokuyo-furniture.co.jp/


子ども達と一緒に楽しみながら、商品開発を進めていきたいですね!
ラベル:コクヨ
posted by プロオペ at 11:51| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

KyooHooプロジェクト後期

皆さんこんにちは、

涌井一真です。

最近はずいぶん寒くなって、もうすっかり冬ですね。

周りを見回すと厚着の人ばかりです。病気には十分注意してください。



さて今回は、後期に入って新しく担当になったプロジェクトの紹介をしていきたいと思います。

先週月曜日、10/22にKyooHooプロジェクト後期のキックオフミーティングに行ってきました。

このプロジェクトには、前期のときにも担当させてもらっていたのですが、時期が最後の方からの参加だったので、あまりKyoohooについての活動はできていませんでしたが、今回は初めからの参加なので、しっかり取材していきたいと思います。

IMG_0956.jpg IMG_0954.jpg

では、KyooHooプロジェクトとはどのようなプロジェクトなのか、という所からふれていきます。

KYOOHOO とは
・京都のいろいろな企業が集まって結成された異業種交流グループです

・異業種交流とは、異なる業態を持つ企業が協力して一つの結果を求めること

・KYOOHOOは、京都の伝統産品を世界へ広めるべく、欧米を中心に世界中で市場開拓を進めています

(KYOOHOOプロジェクト2012 京都の伝統産業を世界に!! より)

このプロジェクトでは、自分で企画したものを、最終的には商品として、実際に市場に出回ることになります。
自分たちの作ったものにお金が払われ、お客さんたちに使ってもらえる・・・。この大学に来ている人にとっては、一つの目標のようなことではないでしょうか。


もしこのプロジェクトに少しでも興味を持ってもらえましたら、ブログやフェイスブックに、イベント情報を挙げていくので、ぜひ目を通してみてください。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
posted by プロオペ at 03:30| Comment(0) | 涌井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

アバカ・フェアトレード商品開発プロジェクト ミーティング10月23日

並河です。

10月23日のミーティングでは、デザイン案ラフスケッチの発表を行いました。


それぞれ考えた案についての説明をするメンバー

笈田真美さん(空間デザイン学科 1回生)
IMG_2933.jpg

西岡花歩さん(環境デザイン学科 1回生)
IMG_2940.jpg

山田真美さん(こども芸術学科 3回生)
IMG_2941.jpg

卯滝香織さん(こども芸術学科 4回生)
IMG_2944.jpg


デザイン案は、バッグ、下駄、箱、杖、コースター、ぬいぐるみ、蓄音機風スピーカー、絵などのアイデアが出ました。


発表を終え、担当教員の中山博喜先生やクライアントである特定非営利活動法人フェア・プラス 河西様から、アドバイスや感想を頂きました。

似ている商品は現地にもある為、特徴、違いを出す。
○すでに販売されている商品でも、デザイン性によって、日本人が買いたくなるようにする。
○商品と素材との関係を考え、アバカ素材を商品に生かす。「なぜこの商品にアバカ素材を使うのか?」
○アイデアは、ふわっとしていて、何となくこう出来たらいいな、という状態。それは詰められていないから。自分が見えていないところに対して人から質問されても答えられない。なので、もっと詰めて考える。



特定非営利活動法人フェア・プラスさんから出された条件は、
○フェアトレード商品という事を全面に出す売り込みではなく、商品そのものの魅力やデザイン性の高さがある事
○商品が日本で売れる事 です。
その条件を意識し、


フェア・プラスさんの設立記念フォーラムでも発表させて頂いた、
「デザインを考える発想力」という私たちの強みを生かし、
これからもデザイン案を詰めていきたいですね!


そのために、Facebook上の「グループ機能」を使って、それぞれが考えたアイデアをアップして共有し、メンバー達で意見を交換していきます。



フィリピンの現状や、フェアトレードについて理解を深める為、11月には3泊4日で
フィリピンへスタディーツアーに行く事になっています。
現地での活動の1つに、デザイン案の紹介を組み込んだプレゼンを行います。

諸事情により並河は参加出来ません。
私を含む参加が出来ないメンバーも、後で、参加された方々の経験談を共有させて頂きたいです。
宜しくお願いします。


ラベル:アバカ
posted by プロオペ at 19:14| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。