2012年11月18日

まか通プロジェクト活動報告「11月イベント・東山職人弾丸ツアー2」その2

まか通プロジェクト活動報告「11月イベント・東山職人弾丸ツアー2」その1の続きです。前の記事をご覧でない方は上のリンクよりお読み下さい)


3件目は冨田工藝さん。
こちらでは仏像や、位牌などの仏具の制作をされています。

仏像などを作る冨田工藝
今回ご説明いただいた方は、実は京都造形芸術大学の卒業生! ご家族がこちらの工房の方と知り合いだったことが縁になり、仏像などへ興味を持ち、勤め始めたそうです。始めはアパレル業界を目指してファッションを学ばれていたそうですが、このように何かキッカケがあれば、別の領域からでも職人やもの作りの世界に入ろうという人が生まれるのかもしれませんね。

製作中の仏像がずらり
奥の作業場には、製作中の仏像が多く置かれていました。この仏像制作は10年で1人前と言われるそうで、最初の内は「仕上げ」と呼ばれる、像の端々を綺麗にする作業から担当するそうです。

また、仏像の他に取り扱っておられる位牌についてお話をお聞きしたところ、日本では今は中国製品が9割を占め、残りの1割の生産を国内で行っているそうです。安く手に入るのはいいことですが、私は大切な人の位牌を作るのであれば、やはり安さよりも自分の国で生産された手間ひまかけて作られたものにしたいなぁと思いました。


4件目は、桐箱職人さん。
今回お会いした職人さんの中ではかなり年上でした。こちらでは、職人さんのとてもにこやかな対応に、ツアー中の私たちも思わずほんわか〜な雰囲気に。

桐箱職人さんの丁寧なご説明 持ったら意外と軽い桐の箱
こう組み合わして作っていくんやで〜」と、製造途中とおぼしき桐の板を見せながら(左の写真)、とても丁寧にご説明いただきました! 今回のために準備してくれたのかと思うと、とてもありがたいです。

右の写真のような桐箱は、掛け軸を入れるためのものだそうです。実際に持たせていただきましたが、とても軽くて一同びっくり! ちなみになぜ桐の箱を用いるのかというと、表面がすぐに焦げて炭化し易い反面、それ以上中が燃えなくなるため、中に入っているものまで焼けてしまわないからだとか。

このため金庫の内張りにはこの性質を利用して、今でも桐材が使われているそうです。素材を知り尽くしている先人たちからの知恵、ですね!


最後に、近年新たに発掘された登り窯、道仙化学製陶所 跡地を見学しました。この場所は立命館大学文学部考古学コースの方々が発掘されるまでは、窯は埋められ、桜の木が植えられていたそうです。

路地奥の窯跡
こちらは日々の暮らしの中で使う器ではなく、「化学陶磁器」と呼ばれる特殊な焼き物を焼いていた窯。主に、電線を絶縁するのに使われる「碍子(がいし)」などを作られていたそうです。

このすぐ近くは住宅やお店が建ち並び、人々が行き交う五条通。しかしとある路地に踏み入ってみると、奥には小規模ですが、最初に訪れた藤平さんの所とはまた違った角度から人々の暮らしを伝える登り窯が待っていました。

……以上でまか通ルートのツアーは終了となり、東山区役所へ。アンケートを記入したのち、解散となりました。13時から15時というまさに雨雲が直撃した中でのイベントでしたが、参加された方々からは積極的に質問が出、またメンバーも参加者も和気あいあいとした良いツアーになっていたと思います!


今回お訪ねした職人さんやそのお仕事、登り窯は、一見するとただの「古い、昔のもの」かもしれません。

ですがそこには確かに今も「」と感じるものがあったり、
大切にしたい「知恵」や「精神性」を持っていたり、
人々の暮らしと共に在った証を今なお伝える「生きた場所」であったり、
見れば見るほど、知れば知るほど心を揺り動かされるものたちでした。


現代に生きる私たちにも伝わる何かを持つのであれば、歴史はあっても、決して「古めかしいもの」では無いのではと思いました。

ですのでもし、「そういえば職人さんの手しごとや品物ってじっくり見たこと無いな」という方がいらっしゃれば、見る機会が巡って来た時はぜひ!そちらに足を運んでみて下さい。実際に見て、触れることで、新たなものの見方が得られるかもしれませんよ。

なお、「まか通コース」も含めた全コースの報告は、「まか通ブログ」の方でメンバーたちから行われる予定ですので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね!

以上、中村でした。
 


ラベル:まか通
posted by プロオペ at 06:05| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

まか通プロジェクト企画イベント「東山職人弾丸ツアー2」集合場所 一部変更のお知らせ

こんにちは。空間演出デザイン学科4回生の中村舞衣です。

明日開催のまか通プロジェクト企画イベント
「東山職人弾丸ツアー2」ですが、
一部ルートの集合場所に変更がございます。


明日は雨天の可能性が高いということで、
「五条陶器」「生活用品」「歴史」「まか通」の、以上4ルートの集合場所が、

【東山区役所1階】(京都市東山区)

へ変更となりました。
集合時間に変更はございません。

また、「粟田ルート」は以前からお伝えしている通り「東山三条交差点 北東角(マクドナルド前)」での集合となります。他ルートと別の集合場所となりますので、こちらのルートに参加予定の方はご注意下さい。


ちなみに「粟田ルート」ですが、こちらは予約が定員に達しました!
他ルートはまだ予約受付中とのことですので、「職人さんのお話が聞けたり仕事場見学ができる」という、この貴重な機会を逃さないためにも! 少しでも興味のある方はぜひお申し込み下さい。

11月イベントチラシ表
<予約方法など詳細を記載したイベント告知記事はこちらになります>



最後に1つ、ご紹介。今回のイベント企画者であるまか通プロジェクトメンバー・河西祐介くん(情報デザイン学科3回生)が、現在まか通ブログにて「東山職人弾丸ツアー2へのカウントダウン」記事をほぼ毎日書かれています!

この記事ではツアーの各ルートおよび、ルートリーダーの紹介をされています。他メンバーもツアー準備の様子や次回ワークショップイベントの告知記事(こちらでもいずれご紹介します)を書かれていますので、皆さま、ぜひご覧下さい。

カウントダウン最終回記事は……なんと、今回の弾丸ツアーのPV(ルート紹介まとめ動画)が掲載中!

イベント参加予定の方はワクワクすること間違い無し、申し込みがまだの方は思わず参加連絡をしてしまうかも!?


皆さまのご参加、心よりお待ちしています!
以上、中村でした。
 
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 20:45| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虎屋京都ギャラリープロジェクト

今年も冬本番がせまってきましたがいかがお過ごしでしょうか?
どうもこんにちは。プロジェクトオペレーションの「おから」こと岡田夏鈴です。

ご存じない方もおられるかもしれませんが、なんと今年7月にあの老舗菓子舗「虎屋」と本学がコラボレーションするプロジェクトが発足しました。
プロジェクトの概要は、虎屋京都一条店に併設されている「虎屋京都ギャラリー(以下ギャラリー)」において、
本学学生たちによる「京都の手仕事の現状と魅力を伝える展覧会」を企画・運営するものです。

虎屋さんは、学生が主体となって企画・運営することの意義を高く評価してくださり、
展覧会コンセプトから展示内容、広報物等にいたるまですべて学生の手による自由度の高いプロジェクトが実現しました。

洗練された素敵な空間(因みにこのギャラリーは建築家・内藤廣の設計)で、歴史ある老舗企業との共同企画。
このような素晴らしい機会を与えてくださった虎屋さんには本当に感謝です。


プロジェクトでは、まずは会場となるギャラリーや虎屋さんのこと、そしてなによりも展示内容となる伝統工芸について学生自身が学ばなければなりません。
 
そこで去る7月25日(水)にはギャラリーの見学を実施しました。
また、一般の団体のお客様がギャラリーで開催された京都観光についての研究会に参加させて頂き、お茶汲みやお菓子の配膳などのお手伝いをおこないました。
お店の方々と一緒になって働くことで、内側からの視点から虎屋さんを見る・知る・学ぶ機会となりました。
 
研究会では虎屋さんの歴史や和菓子の概要について紹介したDVDを鑑賞をしました。
その後、研究会参加者様の質疑回答を終え、虎屋さんの広報ご担当の方からレクチャーを受けました。

虎屋さんの歴史の深み。
和菓子に対する姿勢やこだわり。


あらためて今回のプロジェクトがどれほど貴重な機会なのかを実感しました。
また、すべてを任された私たち学生の責任の重さを再認識した1日でもありました。

虎屋さんに興味を持たれた方は是非ご覧ください!

虎屋さんホームページ→http://www.toraya-group.co.jp/
 
では以上で報告を終わります!
ラベル:虎屋
posted by プロオペ at 00:55| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

「未来型ロボット」プロジェクト2012 

こんにちは皆さん

美術工芸学科1回生の涌井一真です



今週火曜日11月13日に行われた未来型ロボットプロジェクト2012のキックオフミーティングへ行ってきました。

後期からはこのプロジェクトに、僕と、プロジェクトオペレーションのメンバーであるおからさんとの、二人で担当していきます。


今回担当したこの未来型ロボットプロジェクトですが、プロジェクトを終えても単位をもらうことができません。
それでも毎回メンバー十分に集まって来るのです。それだけの魅力の秘密ををこれからの活動を通して皆さんへ伝えていきたいと思う所存です。


IMG_1034.JPG
さて、「未来型ロボット」というものがどんなものか気になっている人もいるでしょう、
今日は少しだけ、その解説をしていきたいと思います。

ロボットという言葉は、使役や強制労働などを意味する「robota」から来ています。
つまりロボットとは、人間を助けるための力強いものというのが語源になっているらしいです。

しかし、「未来型ロボット」はそのように心強いものとは違い、「想像上の生き物」を題材とした、弱々しく「心が和む」ロボットが、「未来型ロボット」と呼ばれています。

このプロジェクトではそんな未来型ロボットを豊橋の大学と協力して作っていきます。




では、最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by プロオペ at 18:29| Comment(0) | 涌井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。