2012年10月20日

WORLD 冬のウインドーディスプレイ活動報告


こんにちは、土曜日ブログ更新担当のマツダです。

【WORLD 冬のウインドーディスプレイ制作PJ】はただいま、かなりのスピードで作業が進行しておりますッ!
まずは、採用されたデザイン案(ラフ)をご覧下さい。



1.(こども芸術学科2回生)柿塚希さん

冬のWORLD 作品1

サンタさんのヒゲが『増殖』しているイメージですね。コチラは【サンタ班】という名称で、制作チームを結成し、リーダー担当として作者の柿塚さんが活躍中です。




2.(空間演出デザイン学科1回生)尾崎沙織さん

冬のworld 作品2


大っきなトナカイが今にも出てきそうですね。コチラは【トナカイ班】という名称で、制作リーダー担当は(こども芸術学科2回生)山田奈未さんです。作者の尾崎さんは、副リーダーとしてウインドーディスプレイ経験者である山田さんのサポートにまわります。




今回は、2つの作品ウインドーディスプレイすることになりました。作業場は夏のウインドーディスプレイでもおなじみ、至誠館ピロティです。では、具体的な班の活動をご報告してまいりましょう!



【サンタ班】活動報告。
サンタ班


現在は、発泡スチロールをブラシでゴリゴリと削り、サンタさんの輪郭ヒゲをつくっていきます!(上の写真)
最終的に、彩色を施し大きな板に貼り付けます。(下の写真)


冬のWORLD 板




【トナカイ班】活動報告。
冬のWORLD トナカイ


トナカイの顔の輪郭がほぼ出来上がりつつあるようです。黄色いつなぎのリーダーが奮闘中です!(上の写真)
サンタ班に引けを取らない程の大量の発泡スチロールの粉がまっております。



ところで、サンタ班リーダーの柿塚さんはといいますと・・・



サンタ リーダー


いました。

リーダーはスタイロフォームという素材を切り、重ね合わせ、のりで貼り付けておられました。作品を囲むための『がくぶち』をつくっているそうです。どんなものになるのかは、出来てからのお楽しみです!


以上のようなカンジで制作はバリバリ進んでおります!残り制作期間は約一ヶ月!果たして無事完成させることはできるのでしょうか・・・。


以上が活動報告となります、最後までお読みいただきありがとうございました。


以上マツダでした。


ラベル:WORLD
posted by プロオペ at 14:00| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。