2012年10月27日

粟田神社大燈呂制作プロジェクト

10月7日粟田祭・夜渡り神事
10月8日粟田祭・神幸祭


巡行してきました!!
本当に、粟田メンバーの皆様お疲れ様です。

大燈呂が完成して本当に良かったです。
本番で見れた光景に感動し続けてしまいました。
感動し続けて、気が付いたら本番の大燈呂を撮影した写真が125枚…なんて状態になりました(笑)
awata015 (1)_R.jpg
まだ点灯されていない大燈呂です。

粟田神社大燈呂制作プロジェクトが制作した、粟田神社で使われる大燈呂は二年間祭りで使用されます。
今年も昨年と同じく今年制作した大燈呂4基と去年制作した4基の計8基で巡行しました。

当日は暑すぎず、寒すぎない気温でした。
しかし現場はもう祭りの熱気で気温も全く気になりません、寧ろ暑かったです。

私は粟田祭初体験でしたが、ここまで熱い祭だとは、今まで知りませんでした。
とにかく祭独特の賑やかさと真剣に祭を大切に思って行っている気持ちが溢れ出ていました。見てくれている方々の関心具合も強かったです。
awata015 (55)_R.jpg
点灯後の大燈呂4基

夜の闇が濃くなっていくにつれて空気は冷えていきますが人の熱気はどんどん増していきます。
18:00頃暗い通りに煌々と輝く8基の大燈呂が巡行を始めました。

awata015 (62)_R.jpg

大燈呂を引いている現粟田メンバーや旧粟田メンバー、
有志で参加されている引き手バイトの方々の無邪気な笑顔や
大燈呂を見ている人々の感嘆の声や興奮した声と眩しそうに、嬉しそうに浮かべる笑顔に
祭りを行っている氏子さん達の誇らしげな笑顔など
沢山の表情がみれました。

awata015 (108)_R.jpg

今回参加させてもらい、粟田祭は物凄い力を持っているんだと、ひしひしと伝わってきました。
参加していた方々や粟田メンバーの雰囲気、大燈呂の美しさや気合いのこもった声など様々なものから力をもらいました。
そして実行する側も観客もみんなが楽しく過ごせて、人の心を動かすパワフルな力を持つ『祭』の魅力を改めて実感させてもらいました。

もし、今年行かれなかった方も是非一度参加してみて欲しいです。
きっと素晴らしい光景に出会えます。

…そして、結局写真がどうしても絞れなかったのでもう一つ写真中心で記事を書きたいと思います。

◆おまけ
この音声ファイルを聴きながら画像を見るとより臨場感を持って見れます!
どうぞ試してみてください。
20121007195054825.wav


おから


ラベル:粟田
posted by プロオペ at 21:54| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

京都造形芸術大学イルミネーションプロジェクト2012



こんばんは、【worldウインドーディスプレイ制作PJ】【よしもと×京都造形新商品開発PJ】取材を担当しております、松田です。今回は、新たにプロジェクト取材を担当させていただくこととなりました【京都造形芸術大学イルミネーションPJ】についてお伝えいたします。


本プロジェクトは京都造形芸術大学の玄関にあたります『人間館入り口』をキラキラと光輝くアートで空間演出を行います。そして、学生さんや地域の方、白川通を行き交う方々にイルミネーションを楽しんでいただこうというプロジェクトです。このプロジェクトは2005年から始まりまして今年で『8度目』をむかえます!

今年はどんなイルミネーションになりますのか楽しみですね!

では今回は、今週の火曜日(10/23)にスタートしました、初のミーティング内容についてお伝えいたします。



初回ミーティング pm18:00~19:30】

下の写真(ミーティング前の様子)
イルミネーションPJ MTG



本プロジェクト教職員は、プロジェクトセンターのツワモノトリオ『関本教授』『木村さん』『澤村さん』です。お三方は、造形大初代PJ『まか通』に深い関わりのある方達で、このブログで取材しているプロジェクトのほとんどはこの内のお一人かお二人が教職員となっておられます。かなりスゴいプロジェクトとなるコトでしょう・・・。



初回のミーティングは自己紹介から始まり、その後関本教授が初めにおっしゃったのは
造形大のイルミネーションは夜だけではなく昼でも楽しめる!』です。つまり暗闇だけでなく、明るい場所でも楽しめるアートでなければならないという訳なのです。



そして、このPJは応募すると同時に『デザイン案』を提出することが参加条件となっておりまして、メンバー全員のデザイン案をまとめた冊子が各メンバーに配布されました。
下の写真(中身はこんなカンジです。)
デザイン冊子1   デザイン冊子2


またデザイン以外にも、ビラの作成などの広報活動もしなければならないとのことです。
下の写真(一昨年のビラ)
一昨年ビラ

以上の内容を10/31~12/2までの約一ヶ月で完成させなければなりません。冬のWORLDウインドーディスプレイ制作PJと同じく至誠館ピロティ仮設住宅の中での作業となります。本当にどちらも厳しい状況ですが皆さんがんばっておられます。


では、最後に今週のスクープショットです!
下の写真(名簿リスト作成のための顔写真撮影に参加してしまった関本教授。)
パオラ教授


最後までお読みいただきありがとうございました。

以上松田でした。


posted by プロオペ at 22:20| Comment(0) | 松田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

まか通プロジェクト活動報告「六原フェスタ」

****〜〜お知らせ〜〜****
今週27日(土)、まか通プロジェクト企画のトークイベント
「マツバラ異界物語」が開催されます!


ゲストに本学教授の君野隆久先生をお招きし、数々の逸話が残る京都の「松原通」について、同じく本学教授の関本徹生先生とともに対談形式でお話していただきます。予約制のオプションイベント(フィールドワーク)もアリ! ぜひ、ご参加下さい!
<会場や予約方法など詳細はこちらの記事をご覧下さい>
****************


こんにちは、中村です。
今回は、昨日「まか通プロジェクト」の活動拠点である京都市東山区六原地域で開催された「六原フェスタ」というイベントの取材報告をさせていただきます!

秋のフェスティバルとして地域の方にはお馴染みの「六原フェスタ」。このイベントには、まか通プロジェクトは数年前からお手伝いやブース出展という形で参加させていただき、地域の方々と交流されているそうです。
今年もまか通のメンバーは様々な場所でお手伝いをさせていただいたのはもちろん、
まか通用のブースも出展させていただきました!

まか通ブース入口 まか通の活動紹介パネル展示
これらの場所は、いつもまか通企画のイベントなどで会場として使用させていただいている「やすらぎふれあい館」の一室です。
今回はこちらをお貸しいただき、鍾馗さんの塗り絵を塗る「鍾馗さん塗り絵」ワークショップと、今と昔の六原地域の地図を並べいつもと違う視点でまちを見てもらう「今と昔の六原」まか通の活動紹介パネル展示(右の写真)を行いました。

パネル設置中 鍾馗さんとは?
左の写真は「今と昔の六原」のパネル展示を行う田中杏奈さん(情報デザイン学科2回生)。右は「鍾馗さん」についての説明が書かれたパネルです。

ちなみに私が訪れた時間帯ではワークショップ中の良い写真が撮れませんでしたので、お客さんたちが塗り絵などに取り組む様子は、まか通プロジェクトのブログ(まか通ブログ)をご覧下さい! 大盛況のまか通ブースの写真を始め、様々なメンバーの姿を見る事ができますよ♪


宣伝中ー! 宣伝中!
こちらの写真はもうひとつの六原フェスタ会場、藤平陶芸さんの「登り窯跡地」でまか通ブースの宣伝を行うまか通メンバーたち! 左の写真は左から森藤麻友さん、松内桃子さん(いずれも情報デザイン学科1回生)。右の写真は左から比嘉香央里さん(美術工芸学科1回生)、宇野真未さん(情報デザイン学科1回生)です。宣伝効果バツグン!だったそうですよ。

司会進行の大役です!
同会場に開設されていたステージ付近では、メンバーの宇野さんと松村優里さん(情報デザイン学科1回生)が、フェスタ内のブース紹介やお知らせをしていました! 明るく元気な声が会場内に響いていましたよ。大役、お疲れさまです!


こちらはメンバーが持ち回りで担当していた、地域の方が出展する飲食ブースのお手伝い。
焼きそばブース ピース!
私が見に行った時(12時ごろ)には、焼きそばブースでは(左の写真・左から)井上侑子さんと三窪絵理さん(どちらも情報デザイン学科1回生)が、わたがしブースでは(右の写真・左から)伊藤成美さん(美術工芸学科2回生)と島津優美さん(情報デザイン学科3回生)がおられました。 暑い中お疲れさまでした!

お祭りといえばこれ!
同時間帯、まか通メンバーのお2人が焼きそばとわたがしを購入していたので、思わずパシャリ。左から岡本海くん(美術工芸学科3回生)と河西祐介くん(情報デザイン学科3回生)。

モフモグ
食事中。モッフモッフ。
私も焼きそばとわたがしをいただきましたが、とても美味しかったです!

今回の「六原フェスタ」では、以前報告した運動会と同様に、どのメンバーも普段のプロジェクト活動とはまた違ったいい仕事姿と笑顔を見せてくれました!
今週土曜日開催のイベントでも、メンバーたちのいい表情が見れたらと思います。
ブログをご覧の皆さんもぜひ、いらしてくださいねー! よろしくお願い致します。


中村
 
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 16:51| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

ギャルリ・オーブプロデュースプロジェクト

寒くなりましたが、夏の暑さからは完全に解放されました。
きりりと冷えている朝の空気のお蔭か、私は夏場より活動しやすくなりましたよ。
皆さんはいかがでしょうか?

さて、9月26日(水)のギャルリ・オーブプロデュースプロジェクト(以下オーブプロジェクト)のミーティングは10月6日に行われる「こどもワークショップ」の活動確認・報告会を兼ねたミーティングが行われていました。

oobu005 (2).jpg
今回の企画は一回生の案が採用されたので一回生中心に活動を行い、各班に分かれて活動を行いました。
変更点や進行状況、当日の流れや告知の形などさらに細かいことを話し合います。
oobu005 (1).jpg
ワークショップ内で使用する絵が決まりました!

oobu005 (3).jpg
そして完成したDMも届きましたよ!
シンプルで可愛らしくありつつどこかノスタルジックな素敵なデザインです。


オーブプロジェクトは前回の企画では準備期間が少し短かったせいか、準備や情報の共有が上手くいかないところがありました。
なので進行中の「こどもワークショップ」では準備期間を多めにとるという形にしてみました。
そのおかげかオーブプロジェクトのメンバーにも少し余裕が出てきて、以前より更に意欲的に取り組んでいるようにみえます。
(ミーティング前にメンバーが@cafeで集まって和気藹々と話していたのも、ばっちり見てましたよ〜。)

次回はクライアントのASP学科林洋子先生へ本番直前の確認プレゼンテーションを行います。
最終的にどのような企画ができあがるが楽しみですね。


では以上で報告を終わります。
おから
ラベル:オーブ
posted by プロオペ at 20:32| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。