2012年09月30日

粟田神社大燈呂制作プロジェクト

だんだんと秋の空気になってきましたね。
夏の暑さもなくなり過ごしやすくなってきましたがいかがでしょうか。

粟田プロジェクトは9月1日に粟田地区の氏子さんを招き紙貼りを一緒にしました。
そしてこの日に第一期制作を終えて、休み、体力を回復し(一回生はねぶた、お疲れさまです)
9月25日に第二期制作を開始しました。

第二期制作からは場所を移し、@cafe外のテラスから春秋座に退避していた大燈呂を、至誠館ピロティに場所を移して制作をしています。
また大燈呂には第一期で取り付けた電球が入っているので昼間と夜間の制作風景は違った雰囲気を見せてくれます。

awata012-1.jpg
ライトアップされ、光っている大燈呂。これは昼間撮影したものですが、美しいです!

針金作業も残りは細かい部分を残しほとんど完成しています。
紙貼り作業はわかりやすい作業内容なので各自お手伝いさんを呼んで一緒に貼っています。
第一期よりも作業中の人数が増えてさらににぎやかになりました。

awata012-2.jpg
白く発光する大燈呂は今のままでも十分美しいのですが、さらにこれから塗装を行っていきます。
模型で着色した姿は見たことがありますが、実物だとどのように見えるようになるのか…
楽しみです。

そういえば8月後半から粟田メンバーは
二回生は言わずもがな、ですがA班、B班、C班、D班各班の一回生メンバーももう自分のやるべきことがわかり自分で試行錯誤しながら制作したり
お手伝いに来てくれた方の質問にきっちり答えたりと本当に頼もしいです。
様々な経験を積んだおかげでしょうか。

プロジェクト活動のように指導者や親切な先輩が居る中で経験を積めるという環境はなかなかありません。
あと制作終了までのこりわずかですがこの環境をめいっぱい活用してできるだけ多くの経験を積んでいきましょうっ。

それでは、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが体に気を付けて頑張ってください。

おから


ラベル:粟田
posted by プロオペ at 23:34| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

よしもと×京都造形新商品開発プロジェクト

こんにちは、土曜日ブログ更新担当のMATSUDAです。

ただいま後期PJ説明会にむけてプロオペメンバーフル活動中です!ボクも『プロジェクトオペレーションの活動をより多くの方に知っていただく』ためのビラをただいま作成中です。


ココでチョッとだけ、後期PJを選ぶにあたって、ボクがPJ選びでプリントを見るときに参考にしたいと思われるポイントを書きます。(一回生でPJを7つほど取材または実際やったりした者の視点で書きます。まだまだ未熟で、必ず正しい訳ではございませんので参考程度にお願いいたします。



1.『PJ指導教員の欄をチェックする。』・・・教員の方によってプロジェクトの内容、雰囲気はガラリと変わるといっても過言ではないとおもわれます。(ボクはなるべく知らない学科やコースの教員の方のPJをやります。自分の学科、コース内だけという井の中の蛙にならぬよう、他の新しい環境に身を置くことも大事な勉強だとオモイマス。)



2.『全体スケジュールの欄を確認する。』・・・バイトや自分のコースに支障のないようにする為にも、だいたいの見通しが必要です。特に【○月○日 ○時〜】という欄はほぼ固定ですので、予めスケジュール帳にメモっておくといいと思います。



3.『自分がこのPJで何がしたいのか。』・・・応募理由(プロジェクト参加理由)の欄でも書かなければなりませんが、ココがハッキリしていないと何をヤッテも無駄です。ウソやごまかしは書かずに、素直に自分の感じていることや目標、決意などが書けるとイイかもしれません。そんな気しかしません。



ここらで止めときます。とにかく『チャレンジ精神』を旺盛にして挑むのみ!!!


【よしもと×京都造形新商品開発プロジェクト】


DSC02115.JPG


2012,9/20(木)13時20分、大阪よしもと笑いの聖地である『難波』へと向かうため、学校からすぐさま叡山電車茶山駅へダッシュした。今回の目的は上方お笑いの資料館である『ワッハ上方』へ、タッグを組むよしもとの歴史を知るため、またタッグを組み一緒に商品開発に携わる芸人タナカライケダさんに顔合わせするためである。


DSC02187.JPG


14時10分?に到着、遅刻である。メンバーの皆さんは先に入っていた、すぐさま自分もチケットを購入し入館。入館の際にプレゼントとして『山崎OUT~』などボタンを押すと叫ぶうるさい玩具をいただく。(上の写真)


DSC02140.JPG DSC02087.JPG DSC02072.JPG


メンバー一同体験、見学。(上の写真、右から順に紙芝居ブースを楽しむメンバー寿司屋のおやじ?の後ろにテレビの歴史が書かれたブース芸人なりきりブース


この日、京都造形芸術大学の扇子づくりのために落語家No,1決定戦初代チャンピオンである林家笑丸さんがご登場(下の写真)


DSC02161.JPG

扇子を使った芸に限らず、多彩な芸を披露していただいた。学生達には『うどんを扇子ですする芸』を伝授。こんど友達に披露するよていである。

その後、MATSUDAが「サインもらえますか?」と質問したことによりサイン会がスタートする、みんな必死である(笑)自分は入場チケットの表と裏2カ所に書いていただいた。(下の写真)


DSC02170.JPG DSC02186.JPG DSC02185.JPG


その後、タナカライケダさんとともにミーティングが開始される。会議室の机がとてもロングで、メンバー一同かなりビックリしたのではないだろうか・・・。(下の写真)


DSC02182.JPG


なによりも自分がビックリしたのはタナカライケダさんのオーラである。林家笑丸さんもそうなのだが、普通の人たちとは違う凄まじい存在感を放っていた。

ミーティングでは各メンバー自己紹介の後、今後の方向性を話し合う。その後、現地で解散となったのである。


以上が活動報告となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次週は【冬のworld ウインドーディスプレイ 〜プレゼンへの道のり〜】をお送りしたいとおもいます。


以上MATSUDAでした。
ラベル:よしもと
posted by プロオペ at 15:52| Comment(0) | MATSUDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

【後期プロジェクト説明会】開催!!/10月11日(木)、16日(火)18:00〜@NA102

こんにちは、中村です。
突然ですが5月より開始した当ブログ、今回の投稿で記事数が3桁に到達しました!
いつも、取材などでプロオペに協力して下さっている皆さん、ブログやFacebook、Twitterを見て下さっている皆さん……ありがとうございます!

プロオペはこれからも様々なプロジェクトをじゃんじゃん取材して、学内外への情報発信を続けていきます。今後ともよろしくお願い致します!


さて、今回皆さんにお伝えするのは、タイトルにもなっているコチラ。
後 期 プ ロ ジ ェ ク ト 説 明 会 です!
後期プロジェクト説明会チラシ表 後期プロジェクト説明会チラシ裏

10月11日(木)と 16日(火)2日間
後期プロジェクト説明会を行います。
時間と場所は両日とも下記の通りとなります。皆さん、奮ってご参加下さい!

[時間]18時〜
[場所]京都造形芸術大学 人間館1階・NA102教室



11日(木)に紹介予定のプロジェクト一覧
『京都造形芸術大学イルミネーションプロジェクト2012』
『コクヨ×コクヨファニチャー×京造 PLAY-まなびのためのあそび-プロジェクト』
『虎屋京都ギャラリープロジェクト』
※『伝説の果実「シマサルナシ」ブランディングプロジェクト』は都合により中止となりました。



16日(火)に紹介予定のプロジェクト一覧
『Kyoohoo プロジェクト2012(後期)』
『未来型ロボットデザインプロジェクト2012』
『ワールドウインドーディスプレイプロジェクト2013(前期)』
『二条城ライトアッププロジェクト2013』



お問い合わせ先
プロジェクトセンター(人間館1 階教学事務室内)
(窓口)平日9:00~18:00 土曜日9:00~16:00 日・祝 休み

※掲載中のチラシは学内でも配布予定です。
 PDFデータでの確認をご希望の方は以下のリンクよりダウンロードをお願いします。
 チラシ表 / チラシ裏(プロジェクト概要文・募集内容記載)


「興味はあるけど、そもそもプロジェクトって何だろう?」
「参加することで何が得られるのか、ちょっとでも知りたい」
という方へ

プロジェクトについての説明記事を作成致しました!
よければこちらをご覧下さい。


説明会情報は以上です。
後日、学内でもチラシ配布や校内放送などで告知させていただきます。
その際もしプロオペメンバーたちに会うことがあれば、ぜひ声をかけてみて下さいね。

それでは、後期からもよろしくお願い致します!

(中村)
 
posted by プロオペ at 19:41| Comment(2) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【「プロジェクト」ってなに?】〜プロジェクトに興味を持って下さった方へ〜

中村です。
後期プロジェクト説明会の告知記事や、私たちプロジェクトオペレーションの取材報告などを見て下さった皆さん。また、それらを通して「プロジェクト」に興味を持って下さった皆さん、ありがとうございます!

こちらでは、興味が湧いたけど「そもそもプロジェクトってなんなんだろう?」
「プロジェクトに参加することで何が得られるのかな?」という方たちに向けて、
私なりに「プロジェクト」の説明を書いてみました。
よければ一度お読みいただければと思います。参考になれば、幸いです。


「プロジェクト」ってなに?】

「粟田神社大燈呂制作」大燈呂の木組み 「アートフェスタin大山崎町2012」ワークショップの様子 「WORLD 夏のウィンドーディスプレイ」搬入の様子

 「リアルワークプロジェクト」(以下プロジェクト)と呼ばれるこれらの取り組みは、学生たちが実社会の中で仕事をする・成果を社会に出すのが特徴です。企業や自治体の皆様から寄せられる様々な仕事を、学科や学年を超えたプロジェクトチームで考え、協力し、課題の解決に向け進めて行きます。

 そのためプロジェクトでは普段の授業だけでは決して出会うことのない人・もの・世界と出会えるばかりか、様々なスキルアップの場や評価の機会を得ることができます。

 また、社会にでると年齢も価値観も異なる人たちと様々な仕事をする事になりますが、そのために必要となる力「社会人基礎力」も、このプロジェクトを通して身につけることができます。


 「新しい出会いからは新しい発見がある」。プロジェクトで出会った数々の新しい課題、新しい他者、新しい自分は、私たちの世界を広げ、未来に近づけてくれます。そしてプロジェクトで経験したことは大学生活中だけでなく、社会人となって以降も活かされ、あなたの支えとなってくれることでしょう。

 プロジェクトセンター、また我々プロジェクトオペレーションは、皆さんの新たな一歩を待っています。ぜひ、10月11日(木)と16日(火)の説明会、そしてプロジェクトにご参加下さい!



→当ブログの【後期プロジェクト説明会】告知記事
→Facebookでの後期プロジェクト説明会告知ページ 11日(木)16日(火)


写真左から:
・「粟田神社大燈呂制作」大燈呂の木組み
・「アートフェスタin大山崎町2012」ワークショップの様子
・「WORLD 夏のウィンドーディスプレイ」搬入の様子

 
posted by プロオペ at 19:32| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。