2012年08月21日

ギャルリ・オーブプロデュースプロジェクト活動報告

本学の一回生は一回生全員が受ける、通称マンデーと呼ばれるワークショップで作るねぶたデザインを必死に考えている頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか!

さて今回はオーブプロジェクトが行った前回の企画「めばえ展」関連企画について書いていこうと思います。

めばえ展とは?
去年の本学三回生の優秀作品を展示した企画展。
本学教員菅原真弓先生の指導の下、博物館学芸員過程を学ぶ学生の手によって行われています。


この企画はオーブプロジェクトとしては二回目の企画です。
クライアントはもちろんギャルリオーブ!
さて、オーブメンバーはどのような活動を行ったのでしょうか?見てみましょう。

台風の影響で一日遅れた6月20日のめばえ展レセプションパーティが行われている裏では、オーブプロジェクトの企画出しが行われていました。

企画は3人の案が採用され、案が採用された人を筆頭にして
イベント班、宣伝班、広報班の3つの班が誕生しました。
この三つの班でそれぞれの企画を作っていきます。

実際どのようなことをしていたのか?
例えば、宣伝班の【めばえによる芽生えイベント】というものがありました。
めばえ展の入口付近にプランターと芽の形をした様々な色のメッセージカードを設置したり、本学の二回生に配って、めばえ展についてのコメントを書いてもらい、プランターに芽のメッセージカードを植えてもらうという企画です。

簡単そうに聞こえる企画かもしれませんが、この案は実は細かいこころ配りがされています。
本学はこども芸術大学があるので学内を小さな子供が歩くということが普通にあります。
そこでプランター設置場所はデザイン性も考えながら、子供が手をひっかけて倒さないように等安全性も考えて設置しています。

毎日十数件飛び交う、諸連絡のメール(以下メーリス)。
毎日班で集まり、案を出し合い、買い出しにいきました。
しかし「三人寄れば文殊の知恵」を体現するかのように次々に案を出していきました。
期間が少し短めで、課題提出に追われている中、オーブメンバーは本当に頑張っていました。

〜宣伝班のめばえによる芽生えイベント(プランター作り)〜
oobu003-2.jpg
コメントを書いてもらう芽のカードです!

oobu003-4.jpg
プランターに段ボールを入れて底上げして
oobu003-1.jpg
スポンジと、(情報デザイン学科一回生・沓水美織さん)
oobu003-3.jpg
芝生を敷いて完成!!

oobu003-5.jpg
こんな感じで設置されていました。
たくさんの芽のカードがプランターに芽生えています。
芽のカードは様々な年齢の人が書いてくれたようで
幼い字でつづられているコメントもあり、ほっこりとする光景になっておりました。

次回はめばえ展トークイベント&デザイン班の芝生広場についてご報告!

しっかり動けるように休み休み、頑張りましょう〜。
おからでした!


ラベル:オーブ
posted by プロオペ at 02:58| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。