2012年08月12日

ギャルリ・オーブプロデュースプロジェクト

もう八月も折り返し地点となり、各々お盆休みを楽しんでいる頃でしょうか?
私も帰省して久々に友人に会ったりと楽しんでおります。

さて、今日のブログではギャルリ・オーブプロデュースプロジェクト(以下オーブプロジェクト)が7月に「めばえ展」の関連企画を行ったのでそのことについてお伝えしようと思っていたのですが、
オーブプロジェクトの今の動きを先にお伝えしようと思います。

その前にオーブプロジェクトとはなんだ?と思う方は、
前回のオーブブログに説明を書いているのでこちらをご覧ください!→前回オーブブログ


ただ今、本プロジェクトはASP学科の企画による「ドローイング・レッスンズ」という展覧会に、多くの人に興味をもってもらい、会場に足を運んでもらうためのイベント企画をしています
クライアントは林洋子先生(ASP学科コース主任・准教授)と牛田さん(ギャルリ・オーブ)です。
この「ドローイング・レッスンズ」展は2000年前後から若手作家が自覚的に取り組み、積極的に発表するようになった「ドローイング」をテーマにした展覧会です。
ペインターのドローイングだけではなく、建築家やアニメーションの担い手の制作など、本学らしい領域横断的な企画とするそうです。

オーブメンバーはこの展覧会の関連PR企画を考えるわけですが、
今回はオーブプロジェクト内でABCの3チームに分かれて企画の競合プレゼンを行い
企画をする権利を勝ち取った1チームが企画を担当し、残り2チームは協力業務を担当するという体制で進行していきます。
そしてこのチーム分けですが、今回はA班が一回生だけ、B、C班が二回生のみで構成されています!
このチーム分けが企画にどのような影響を及ぼすのか、どんな企画が生みだされるのか、とても楽しみです。

プレゼンは全部で三回行われますが、8/6(月)には第一回プレゼンとして「チーム内プレゼン」がギャルリ・オーブで行われました。
ohbu002-1.jpg
プロジェクターを使ってイメージ画像を映し出してプレゼンをする班もあります。

子供が遊べる、ドローイングを上から見る、トイレットペーパーアート、
ドローイングとは?というところから考えたワークショップや
大人・大学生・子供など対象を絞って考えてみた企画、と様々なアイデアが出ました。

面白そうな案が各班ありましたよ!
次回8/20(月)のプレゼンまでに
ワークショップをするのなら人数制限を設けてみたり、来やすいか、実行可能かどうかなど
アイデアを詰めてくるそうです。

今回のプレゼンは他の班の考えを聞ける貴重な時間だったでしょうし
自分の班の考えを客観的にも見る良い機会だったと思います。
企画を作るうえで何度か人に見せることは緊張することかもしれませんが、良いものを作るには必要だと感じました。
このプレゼンはこれからデザインをするときにも役立つ経験ではないでしょうか?

これで活動報告をおわります。
皆さんも一度しかない今年の夏を楽しんでくださいね〜

おから


ラベル:オーブ
posted by プロオペ at 22:36| Comment(0) | おから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。