2012年07月24日

淡路島35柱神々モニュメント制作プロジェクト

こんにちは、中村です。
今回は新たに担当となったプロジェクト、
「淡路島35柱神々モニュメント制作」についてご紹介させていただきます!


淡路島35柱神々モニュメント制作プロジェクト とは。

古事記に記されている「国生み神話」を活用したまちづくり をテーマに、
一昨年から石のモニュメント制作や設置計画などが進められているプロジェクトです。


完成したモニュメント 製作中のモニュメントその2
写真左は設置予定のモニュメント。右は製作中のモニュメント。
どちらも香川県高松市の石材加工工場「村川石材」にて撮影。


兵庫県淡路市多賀にある「伊弉諾(いざなぎ)神宮」。
日本神話の国生み・神生み神話に登場する「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」と「伊弉冉尊(いざなみのみこと)」の二神を祀り、古事記や日本書紀にもその歴史が残されているというこの神社には、年間130万人の参拝客が訪れています。

35基のモニュメント設置によって同市郡家にある「郡家商店街および濱神社(同神宮より片道1.5キロほど)周辺地域」にも参拝客・観光客を誘致し、地域活性化に繋げていこう! というのがプロジェクトの目的です。



モニュメントは古事記に記されている国生みに続いての神生みによって生まれた「35柱の神々」をイメージして作られ、伊弉諾神宮から郡家商店街・濱神社周辺の地域までの往復約3.5キロの道に設置されます。
そしてこの道と周辺地域を、神と人とを結ぶ「神様の結うとおり」と名付け、神々に出会えるスポットとして全国に発信していくとのことです!

なお、35柱のうち12柱の除幕式は今月22日(日)に行われ、残り23基は2013年にかけて随時設置されます。

ちなみにこれらの計画には「国生み神話のまちづくり実行委員会」(兵庫県淡路市)、伊弉諾神宮、淡路市 など、様々な人や団体が関わっており、ある繋がりから関本徹生先生(京都造形芸術大学教授)にモニュメントデザインの依頼が来たのだそうです。

モニュメントの模型
写真は関本先生制作のモニュメント模型(1/2)。

関本先生は35基全てのデザイン監修および模型作りなどを行われています。
また、学生からは松岡岬さん(情報デザイン学科)と小西由悟さん(美術工芸学科 2011年度卒業生)のお2人がこのプロジェクトに参加されています。
(関本先生がチョイスした、少数精鋭のメンバーですね!)


大学内ではメンバー募集や活動報告を大々的には行っていないため、知る人ぞ知るプロジェクトではありますが、実は1つの記事には説明が収まらないほど内容が濃〜いプロジェクトです。

なぜ伊弉諾神宮と郡家商店街・濱神社の周辺地域を結ぶのか、モニュメント配置地域の特徴、また6月25日(月)に香川県高松市で行った同プロジェクトの取材内容などなど。
……もちろん記事を分けて1日で報告を終わらせることもできますが、
そうしてしまうには勿体ないくらいの内容なんですね!

というわけで、今後何回かに分けてそれらを記事にしていこうと考えておりますので、
見逃さないようちょくちょくブログをチェックして下さいね。
宜しくお願いします!


中村
 


ラベル:淡路
posted by プロオペ at 16:46| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。