2012年07月12日

アバカ・フェアトレード商品開発プロジェクト ミーティング7月10日

こんにちは。火曜日ブログ更新担当の並河です。

今回のミーティングでは商品のアイデアについて考えていきました。

今日までにそれぞれメンバーが考えてきたアイデアを文字にしてどんどん書き出していきます。
1枚の紙に1つのアイデアを書きます。
IMG_2763.jpg

現実的に作れないかもしれないアイデアでも良いので、とにかくどんどんアイデアを出していく事が大切です。

全員が紙にアイデアを書き終わったら机の上に出します。


そして、アイデアがかぶっていると思われるものを見つけます。そしてその紙を重ねていきます。
IMG_2765.jpg

分類がまとまったらそれらがどういう種類のものなのかが分かる様に表札を作ります。
アイデアが分類され、表札が一番上にある状態です。
IMG_2769.jpg
表札の下の紙は沢山有れば有るほど良く、少ないとやりづらいです。
なので、「どんどんアイデアを出す」という事が大前提になります。

今度は、何の為・どういう人の為にアバカ商品を作るのか目的を明確にしていく為に、
「ロジックツリー」という図を使った思考技法を使って考えていきます。
まず「1,年齢」「2,性別」「3,販売場所」という主題を上げます。

例えば、その中の「販売場所」という主題において、どう考えていくのでしょうか。
IMG_2775.jpg
「百貨店」という場所で、そこにアバカの商品を置かせて貰う事を考えると、
一般のお店に置いていない機能、付加価値がある事が必要だと考えます。

次に「百貨店」から「ブランド」という言葉に枝分かれします。
その「ブランド」に売り込める商品にする為に、デザインを上手く使ってそのブランドにマッチングさせる事が必要だと考えます。

「スーパー」では、価格がリーズナブルであったり、幅広い年齢層に受け入れられたり、大量に作る事が出来るものが置いてあります。
その場所に置いてある商品がアバカ商品であるメリットは何でしょうか。。。

このように、問いかけをしながら皆で意見を出し合い考えていきました

次のミーティングでは、もっとロジックツリーを掘り下げていきます。


ラベル:アバカ
posted by プロオペ at 17:56| Comment(0) | tomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。