2012年06月01日

Interview!プロジェクト 第3回活動報告

こんばんは。木曜ブログ担当の石崎です。
Interview!プロジェクト第3回定例ミーティングの報告です。

5月25日、18:00〜開始。
前回はチーム分けを行いましたが、それから一週間。各チームで相談し、正式チーム名とインタビューする人(予定)を決めました。それを今回のミーティングで発表することになりました。正式チーム名は次のようになりました。
○チームA-labo
○チームWhy? 
○チームめんたいこ  
○チームUB       
○チームえん。     
○チーム福猫飯店  


DSC00281.JPG
チームの代表者が決めた経緯を話しています

前期は、大学内にいる先生や職員さんがインタビューの対象です。前期は1チーム、3名のインタビューを予定しています。まずは一人目を決めたところです。
このインタビュー内容は、高校生(受験生)向けに編集し、7月29日、30日のオープンキャンパスで配布する予定です。また、ゲストを招いての公開インタビューや対談といったイベントも企画しています。

インタビューする人を決めたと言っても、すぐに取材できるとは限りません。
第一回のキックオフミーティングで、門崎先生からレクチャーがありました。そこで、取材するには事前準備と段取りが大切、というお話がありました。
まず、インタビューの依頼状を作成。先方に連絡を取り、依頼状を渡します。そして後日、取材の可否を伺います。取材許可をもらえたら、先方と打ち合わせをし、日時を決定。実際にお会いしてインタビュー…という流れになります。

依頼状を書くのは初めて…というメンバーがほとんどです。(私も書いた事がありません!)
どんな風に書けばいいのか、企画者・久保田さんから書き方例のプリントが配布されました。それを見てみると、最初に「拝啓」、最後に「敬具」など、ちょっと難しい言葉が。きちんと社会人としてのマナーをふまえています。内容は、自己紹介、インタビューの目的、内容、時間について……丁寧な内容であると共に、説明がくどくならないようにするのがポイントです。中には写真NGの方もいますので、写真撮影が可能かどうか、事前確認が必要です。
また、なぜその人にインタビューを行おうと思ったのか?どこに興味を持ったのか?理由も書くと伝わりやすいです。この内容は、インタビューを行う相手によって変わってきます。チームで事前にリサーチをしておくことが大切ですね。
次回までに、チームで依頼状を作成し、各自アポイントメントを取ることになりました。現段階で依頼状を渡し、取材許可をもらっているチームもありますが、先方の予定が合わなかったため、後日お渡しする、というチームもあります。
DSC00284.JPG
真剣に説明を聞くメンバー

そして、インタビュー内容を考える上で重要となってくるのが、プロジェクトのサブタイトルにもなっている“芸術力”というキーワード。この言葉は大学の理念にもなっており、学内では何となく通じる言葉ではあります。しかし、「芸術力とは何ですか?」といきなり聞かれても、すぐには答えにくいですよね?
どのようなアプローチで“芸術力”に繋がる内容を引き出すか?これは様々な質問を通して探っていくテーマです。相手が答えやすく、テーマに繋げていけるような質問を、みんなが考えていくしかありません。インタビュアーの力の見せ所でもあります。
そこで、質問内容はどんなものがいいのか、チームごとにディスカッションを行いました。
1チームが3〜4人、ということもあってでしょうか。かなり活発なディスカッションが行われていました。メンバーが欠席しているために人数が少ないチームには、久保田さんや職員の木村さんが入ります。
DSC00286.JPGDSC00291.JPG


DSC00285.JPGDSC00287.JPG
ディスカッション中〜

DSC00305.JPGDSC00306.JPG
出てきた意見をまとめる木村さん、みんな注目!

ここで共通して出てきたのは
・その仕事についた経緯
・仕事、制作をする上でのモチベーションをどう維持しているか
・その人が持っているこだわり、作品への想い
といったもの。こだわりや制作のモチベーション、といった項目は、自分たちがものづくりをしているからこそ出てきた内容ですね。短時間で、かなり濃い話し合いが出来ていたように思います。

上にも書きましたが、前期の活動は、オープンキャンパスのイベントが目標となります。
そのための「イベント担当メンバー」を各チームからひとりずつ選出し、チームを組むことになりました。ゲストイベントの企画は、このチームが行います。

そして今回、ひとりひとりの名刺を作ろう!という話も出ました。久保田さんがひな形を作り、それをみんなで自由にアレンジして作ります。これは取材する際、相手に名前を覚えてもらいやすく、連絡をもらうのにも役立つ、重要なアイテムとなってきます。名刺を持っていくと、気持ちも変わると思います。

イベントに向けてオープンキャンパスをリサーチしましょう、という話もありました。一番近いのは6月2日〜3日…と、もうすぐですね!会場の雰囲気をつかむために、実際に行って様子を見てみるといいかもしれません。
これから、実際にインタビューが始まっていきます。イベント企画と合わせて、各チームの活躍をお楽しみに!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


posted by プロオペ at 00:00| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。