2012年06月23日

藤井大丸リーダー金茂さん本番当日の活動報告

こんにちは。はじめまして。
藤井大丸TAの金茂(カナモ)です。


今回は、授業で惜しくも設営作業に参加することができなかったマツダくんに代わりまして、私がブログを担当させて頂くことになりました。


22日。搬入当日!
ウィンドーディスプレイの現場をじっくりと紹介させていただきます。

よろしくお願いします*


8:30
学校にて梱包、搬入準備

ピクチャクリッピング 2-1.jpg

梱包材と養生テープで作品を梱包。
現地で使う道具と一緒にトラックに詰め込みます。

トラックを見送り、そのまま学校から現地へ

10:30
現地で設営作業スタート!

ピクチャクリッピング.jpg

ピクチャクリッピング 3.jpg

まずは掃除。ゴミが落ちていたり、ウィンドーに指紋がベタベタ...では、どれほど素晴らしい作品も台無しです。掃除、掃除、掃除。

ピクチャクリッピング 4.jpg

トラックから荷物を運び出し、梱包を外したらいよいよ作品を中へ。

ピクチャクリッピング 5.jpg

本体をひとつひとつ中に入れていき、中で組み立てます。つなぎ目にボンドを塗り、さらにクサビを打ち込むことで固定させます。バラバラにしていたのは、ウィンドーの入り口に合わせていたため、です。


これで本体ができあがります!

本体ができれば、あとは修正。

ピクチャクリッピング 6.jpg

クサビを打ち込んだ部分やつなぎ目、ストローがはがれている部分を直していきます。



ピクチャクリッピング 7.jpg

地道な修正作業はなかなか時間がかかりますが、お昼を挟んで、トルソーに着せる水着が届くと、メンバー19人中16人は女の子。やっぱり「かわいい〜」で、がぜんテンションも上がります!笑

ピクチャクリッピング 8.jpg

授業を終えたメンバーも参加し、どんどん完成に向かいます。


ピクチャクリッピング 9.jpg

これはしっぽの修正完了後です!きれいですね。思わずにこり

ピクチャクリッピング 10.jpg

12体のトルソーも設置されました。4体ずつ3箇所に設置されています。

ピクチャクリッピング 11.jpg

そして最後の最後!!みんなでストローを持って...

ピクチャクリッピング 12.jpg

床にまく!

ピクチャクリッピング 13.jpg

ピクチャクリッピング 14.jpg

人魚、床面、壁面すべてストローの空間になりました。ストローの総数なんと約6万本です。
キャプションも立ち...完成!


「SWEETS MERMAID」
ピクチャクリッピング 15.jpg

以上が当日の搬入の流れについてです。
このブログを見てくれている人には、ぜひ実際に目で見てほしいなぁと思います。「おぉっ」と思わせる迫力のある展示になっています。




今回このプロジェクトに参加していたメンバーには、おもいっきり自慢してほしいです。
ウィンドーディスプレイのデザイン考案、制作、現場設営という一から十までのすべての流れを経験することはプロでもなかなかできるものではありません。


私自信、昨年はゼミ生として、今年はTAとしてこの藤井大丸ディスプレイに関われたことが誇りです。






最後になりますが、マツダくん、今まで本当にありがとうございました!


WORLDウィンドーディスプレイのブログも楽しみにしていますよ〜(^^)




それでは、失礼します*°



藤井大丸TA 金茂







posted by プロオペ at 22:24| Comment(2) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

アートフェスタin大山崎町2012 活動報告〜ライトアップ偏

皆さんこんにちは。美術工芸学科.油画コース1回生の涌井一真です。
今年もついに台風がやってきましたね、僕の地元は滅多に台風が来ない地域だったので、初めて生で受ける台風の暴挙は、少し怖かったです。雨も毎日のように降り続いていてじめじめする気持ちの良くない日が続いています、部屋にカビが生えないかどうか心配です・・・。皆さんも気をつけてくださいね。

さて、今回も今週も取材内容の報告を行いたいと思います。


 今週のアートフェスタin大山崎町2012は、いよいよ今月のプレゼンへ向けた最後のミーティングを行いました。本番ではこれまでやってきたことを。離宮八幡宮の禰宜さんに発表するので、今回のミーティングでしっかり伝わるかどうか、いつもより厳しいチェックが入ります。

大山崎 画像1.JPG
次は本番とのこともあってか、先生たちも今回はより厳しくなっています。

プレゼンは、それぞれどんなことをするのかを前に出て、プリントなどを使って発表をします。中にはこれから作るものの模型を持ってきている班もあり、どの班もかなり提案を練ってきているようです。

大山崎 画像2.JPG
展示.ワークショップ班のプレゼンの様子、この班は模型や展示物の試作品を持ってきていて。それをプレゼンに活かしていたので、とても分かりやすかったです。

 今回は、ライトアップ班を紹介します。
ライトアップ班 チームミーティング2.JPG

ライトアップ班は、今のところかなりたくさんの物を提案しています。どんなものが挙がっているかというと、睡蓮の花を模した灯り、プロジェクターを使い、その地の伝承を思い起こさせるライトアップ、蛍の光をLEDで再現・・・など、これでもまだ他にもあるのですが、想像するだけで、夜の離宮八幡宮が別の世界に変わりそうな勢いの数々。しかし、これらのライトアップは、全て外で行うので、季節的にも、雨が降ることが考えられます。他にもこれだけの量を自分たちで作れるのか。なども問題点として挙がっていました。このことも考慮して、全てできるかどうかは、まだ分かってはいません。ですがライトアップのアイデアなどはとても良いものだと思いました。どれも楽しげなものばかりなので、この展示が完成するのがとても楽しみです。
ライトアップ班 案.JPG

では今回の報告は以上です。
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ラベル:大山崎
posted by プロオペ at 23:13| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

田の字地区活性化PJ「町家フィールドワーク」6月17日・A班

こんにちは。火曜日担当の並河です。
投稿が遅くなり申し訳ありません!

6月14日に行われた全体ミーティングの報告です。

今回、各班2週間の活動を報告し、先生に対象、対象外の町家の選別をしてもらいました。
そして、これまでの町家FWの結果をもとにマッピングとリスト作成を行っていきました。

対象の町家、古いビル、不明な建物を地図に落とし込んでいき、対象の建物については詳細情報を「町家名簿表」にまとめます。それと、対象かどうかが不明な建物のリストを作成をします。

表には建物の
「店舗名」「所在地」「職種」「資本元(会社所在地)」「建物主」「元の職種」「開設年」「創業年」「備考」を書き込む欄があり、そして、

赤→対象/調査済
緑→ビル
白→不明/未調査
茶→老舗
黒→対象外
という様に色で統一し、分かりやすくまとめます。


6月17日は鴨川〜寺町通の範囲を担当するA班さんのフィールドワークに同行させて頂きました。
その日は京都文化博物館付近を歩いていきました。

写真を撮る人と位置関係を把握する人に分かれます。

地図に落とし込んでいきます。
IMG_2715.JPG


対象となる町家の横にある高いビルがありました。

IMG_2719.JPG
町家の横に高いビルが建っている光景は結構見掛けます。


今回のフィールドワークは日曜日の為定休日のお店が多かったのですが、出来る限り調査していきます。

「CLOSED」と書いてありましたが蔵を所有している建物がありました。
(「蔵」も調査の対象だそうです)
外から中を見てみるとお花が入り口付近にあったので一見するとお花屋さんの様でした。
そうすると、「入り口付近にDMが沢山置いてあり、普通の花屋さんはそういたった物を置かないので、もしかしたら奥にカフェみたいなものがあるかもしれないです」という意見も聞く事が出来ました。


私は「お花が置いてあるから花屋さんだ」までしか考える事が出来ませんでした。
しかしこの意見をくれた方の様に、「今持っている知識を活用する、対象をよく見て深く考える」という事が大切な事だと改めて実感しました。

その為にも知識や経験を自分にストックし引き出しを増やしていく事は重要な事だと思いました。
私ももっと頑張りたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

posted by プロオペ at 15:08| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

「まか通」イベント告知と活動報告 その1

こんばんは! 月曜日担当の中村です。

今週は、まか通プロジェクトの6月イベント企画を改めて告知させていただくと共に、イベント準備などとはまた別に行われている「ジオラマ制作」の活動について、報告させていただきます!

まずはイベントの告知から。


〜まか通 6月イベント企画〜
信長が模倣したことおこし
      〜 時空を超えて甦る 雑賀衆


まか通6月イベントチラシ表 まか通6月イベントチラシ裏
◆イベント内容
雑賀衆を味方にすれば必ず勝ち、敵にすれば必ず負ける

戦国時代、大名とも寺社集団とも異なる最強の鉄砲傭兵集団として存在した雑賀衆(さいかしゅう)。彼らは住んでいる土地を利用して鍛冶や林業などの工業技術、漁業、貿易業などを盛んに行い、それぞれの職人たちの組合までも作り上げていた。

雑賀を制すものは全国を制す」といわれるほど昇りつめた彼らの秘策とはどのようなものなのか? 織田信長や根来衆との関わり、そして京都市東山区との意外な繋がりとは?

雑賀衆がつくりあげたもの、東山区との関連性を、トークイベント(6月29日)フィールドワーク(7月1日)2日間に分けて探っていきます。


【トークイベント(1日目)】

ゲスト:鈴木智博(戦国魂主宰)
ナビゲーター:関本徹生(京都造形芸術大学教授)

◆日時 6月29日(金)
 開場 18:30
 開演 19:00(終了予定  21:15)

◆会場 通妙寺(京都市東山区五条橋東6丁目518)
   ・京阪「清水五条」駅下車 徒歩20分
   ・市バス「五条坂」下車  徒歩5分
   【チラシ裏面の地図を見る】 ※Googleマップはこちらへ

◆定員 50名
◆参加費 学生500円 一般800円

雑賀衆と織田信長、根来衆の関わりとはどのようなものなのか。雑賀がつくりあげたまちを見て、トークイベントを行いながら東山区での土地の関連性を見ていきます。

※当日は会場近くにスタッフが待機しておりますので、お気軽にお声掛け下さい。
※駐車場はございませんので、お近くの有料パーキングもしくは公共交通機関をお使い下さい。


【フィールドワーク(2日目)】※雨天決行
◆日時 7月1日(日)
 出発 10:00(終了予定 13:00)

◆集合場所 京阪電車 七条駅 出入り口1番
◆定員 20名
◆参加費 無料

トークイベントをもとに、まちを歩き、東山区での土地の関連性を見ていきます。智積院、三十三間堂、豊国神社などを廻り、信長、秀吉、家康と雑賀衆、根来衆の関わりに迫ります。


★お申し込み方法
下記のE-mailアドレスまたは電話にて「まか通6月イベント(両日または、いずれか一日参加)」と伝え、参加者全員のお名前・ご連絡先を添えてお申し込みください。
(E-mail)maka2pro@gmail.com
(電 話)075-791-8763 
     京都造形芸術大学プロジェクトセンター 木村・岡本
    (受付時間 9:00〜16:00 ※土日祝を除く)

告知は以上です。

歴史や京都、フィールドワーク(まち探索)が好きな方、トークイベントゲストの鈴木智博さんのファンの方にはとてもお勧めのイベントです。
また両日参加はもちろん、いずれか一日だけの参加も可能となっています。是非、ご参加下さい!


「まか通」イベント告知と活動報告 その2へ続きます

(中村)
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 04:56| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。