2012年05月23日

田の字地区活性化PJ

初めまして。こんばんは。火曜日のブログ担当の並河です。
京都府出身、専攻はキャラクターデザイン学科の2回生です。これからよろしくお願いします。

私が担当させていただいているプロジェクトは、「田の字地区活性化PJ」と言うプロジェクトです。
田の字地区とは京都の中心部にあり、東は鴨川、西は烏丸通、北は御池通、南は四条通としています(京都新聞より引用)。

このプロジェクトでは、人々に田の字地区の魅力を知ってもらう為に、考え、行動し、アートを活かす活動をしていきます。
(田の字地区に住んでいる人々を含めた)人々が見過ごしていたり、誰もが知っている事ではない部分などを発見して「こんなものがある」と提案したりしていきます。

では取材の報告をします。

まず、関本先生が講義をされた「まちおこし座学」についてです。
町の「地形」、「神社」、「地名」を知り、目を開けて感じる事によって、町の見方が変わってきて面白いというお話をされていました。

例えば、風水です。町に「気」というエネルギーの流れが綺麗に流れると町が守られ繁栄する、という説があるそうです。この他にも「地形」「神社」「地名」について様々な興味深いお話をして下さいました。

その後は和やかな雰囲気のキックオフミーティングがありました。写真はメンバーの自己紹介の時の様子です。田の字プロジェクトは外国出身のメンバーが多いです。最後は全員が名前と出身地を書いた紙を持って笑顔で写真撮影をしました。IMG_2631.JPG


5月19日は初めての田の字フィールドワークで田の字地区を一通り歩きました。

三条京阪前に集合し、田の字の町を歩きながら錦天満宮、錦市場、永福寺、本能寺、頂法寺など様々な神社やお寺などを巡っていき、先生が京都の神社、お寺、町、歴史などのお話をして下さいました。「まちおこし座学」で聞いた内容についても実際の現地で見ながら学ぶ事が出来たと思います。

例えば、町を歩いていると、屋根の軒先に10〜20cm大の瓦製の人形が置いてあるのをよく見かけました。これは鍾馗(しょうき)さんと呼ばれ、昔の古い都が存在し天皇が住んでいた所(京都と奈良)に多く見られます。そこでは色んな祟りや呪いがあった為、鍾馗さんは災いや恐怖などから自分の家を守る為に祭られるようになったということです。

フィールドワークでは積極的に先生に質問したり、意見を交換したり、とても意欲的に活動するメンバー達の姿がありました。
IMG_2640.JPG

田の字のフィールドワークが一通り終わった後は「粟田神社大燈呂制作プロジェクト」のメンバーと合流し粟田神社で宮司さんに神社の創建のお話などをして頂きました。
IMG_2658.JPG

直接現地へ行き目で見て感じる事で、「まちおこし座学」の内容についてや田の字はどういう所なのかなど、町についての理解がより深まったのではないでしょうか。

以上で今週の田の字地区活性化PJ報告は終わりです。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。


posted by プロオペ at 03:41| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

「まか通」ワークショップ告知と活動報告 その1

こんにちは。月曜日ブログ更新&まか通プロジェクト取材担当の、中村です!
まか通では先週も定例ミーティングやフィールドワークなど、色々な活動があったのですが……
今回は、今月26日(土)に行われる「ワークショップ企画」を中心に報告していきたいと思います。

では、まずはワークショップ企画の告知から。

〜まか通 今年度第1回目のワークショップ!〜
東山を遊びつくそう!!わくわくよろいづくり!

5月ワークショップチラシ表  5月ワークショップチラシ裏
◆イベント内容(チラシより引用)
5月5日の「子どもの日」のことを端午の節句とも呼びます。端午の節句に飾るよろいには健やかな子どもの成長を願い、魔除けの意味がこめられています。みんなでダンボールのよろいを装飾しながらワイワイ楽しみ、東山区のよろい出しについても学ぼう!

◆日時 5月26日(土) ※小雨決行(雨天時は翌日27日(日)開催)
 開場 12:30
 開演 13:00〜(終了予定16:00)

◆会場  六原ハウス(京都市東山区薬師町229)
    【チラシ裏面の地図を見る】 ※Googleマップはこちらへ
◆定員 20名
◆参加費 無料(カンパ制)
◆持ち物 飲み物、はさみ

★お申し込み方法
下記のE-mailアドレスまたは電話にて「まか通5月ワークショップ予約」と伝え、お名前・ご連絡先を添えてお申し込みください。
(E-mail)maka2pro@gmail.com
(電 話)075-791-8763 
     京都造形芸術大学プロジェクトセンター 木村
    (受付時間 9:00〜16:00 ※土日祝を除く)

※予約なしでの当日参加も可能です。
※当日は会場付近に、チラシと似た看板を持ったスタッフを配置しています。見かけたら気軽に声をかけて下さいね!

告知は以上です。

このワークショップでは、「鎧作り」を1時間半ほど行った後に、東山区弓矢町での「鎧出し」を見学しに行きます。
その「鎧出し」では、何と! 本物の鎧を見ることができるんです!
弓矢町では毎年、祇園祭の際、町家に鎧・兜を飾るという行事があります。今回はその「鎧出し」を、まか通のワークショップに合わせて行ってもらえる事になったそうです。
私は昨年まか通のメンバーだったので、この鎧出しのお手伝いをさせていただけたのですが、滅多にできない体験だったと思います。一体どんな鎧を飾るのか、その他「鎧出し」についての詳細は……ワークショップに参加してのお楽しみ!です。

「まか通」ワークショップ告知と活動報告 その2 に続きます。
 
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 22:39| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「まか通」ワークショップ告知と活動報告 その2

月曜日ブログ更新&まか通プロジェクト取材担当の、中村です。
この記事では、ワークショップに向けて準備を進めるまか通の活動報告を行いたいと思います。(ワークショップの内容に関しては、『その1』をご覧下さい)

では、まずは「鎧の制作現場」から見ていきましょう!

制作現場1 制作現場2
ビニールテープを使い、切り抜かれたダンボールの端を彩っていくまか通メンバーたち。ワークショップで使うダンボールの鎧作りを、着々と進めています。さすが芸大生、仕事が丁寧ですね!
お客さまにはこの鎧を土台に、思い思いの装飾をして「自分だけの鎧」作りをしてもらうそうです。

制作現場3
中には作業の合間をぬい、自分専用の鎧を作るメンバーも! 何枚もダンボールを重ねて立体的にしています。なんだか本格的ですね。
これ以外にも、お客さまに作例として見せる、まか通メンバーオリジナルの鎧がいくつか作られていました。当日、着用しながら動くメンバーもいるとか。写真を撮るのが楽しみです!

ミーティング風景
お次はワークショップに関するミーティング。
今回は1回生を中心とした新メンバーが集まり、2回生以上の先輩メンバーから広報や写真撮影についての説明を受けていました。
お昼時なため、各自昼食を持ち込みながらのミーティング参加です。

先輩メンバーというのは、「昨年度やそれ以前から在籍しているメンバー」の事で、単純に学年が上のメンバーというわけではありません。新メンバーとは、学年関係なく、今年度からまか通の活動を始める人たちの事で、いわば「新入社員」のようなものです。
まか通は1年間以上プロジェクト活動を継続しているメンバーが多く、中には1回生から4回生(現在)に至るまで、ずっとまか通に参加し続けているメンバーもいます。新メンバーはそんな先輩方からフィールドワークやワークショップ、イベントでの活動の仕方など、様々な事を教えてもらいます。

ミーティング風景2 ミーティング風景3
(左)広報についての説明、(右)当日の撮影についての説明やカメラ所持人数の確認。先輩であるメンバーがホワイトボード近くで説明をしています。

ワークショップの広報活動はスタートが遅れたとのことで、どうも上手くいっていない様子……。今後配っていくチラシの数や配布先を確認した後、次のイベントの広報活動は遅れないようにと、次回のチラシ制作メンバーについての確認が行われました。
ワークショップまではまだ日数があるので、なんとか巻き返して欲しいものです!

全体ミーティング
最後に、定例ミーティング(今月16日)の写真です。毎週水曜の昼に行われるこのミーティング、全員参加のため教室はメンバーでいっぱいです! この時はプロオペメンバーとしての軽い自己紹介をさせていただいた後、課外授業のため、私は早めに抜けさせていただきました。そのため先週の定例ミーティングについては殆ど内容を知らず、報告ができません。申し訳ないです。

以上で、今回のまか通プロジェクトの活動報告を終わります。
次回は26日のワークショップ当日の様子をお伝えしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

中村

ラベル:まか通
posted by プロオペ at 22:24| Comment(0) | 中村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

WORLD,藤井大丸ウインドーディスプレイ制作プロジェクト活動報告


こんにちは、土曜日ブログ更新担当のマツダと申します!
皆さん自己紹介されているようなので僕もさせていただきます。
京都生まれ京都育ち18歳男、情報デザイン学科先端表現デザインコースの1回生マツダです。

今回僕が担当させていただくのは、『WORLD ウインドーディスプレイ夏の制作』『WORLD ウインドーディスプレイ冬の制作』『藤井大丸 ウインドーディスプレイ夏の制作』といった、3つのプロジェクトです。
いきなり僕だけ3つ担当させられるとは...サイコーデスね(笑)

では、プロジェクトの説明をさせていただきます!

この3つのプロジェクトの共通点、それは『ういんどうでぃすぷれい』です。
ウインドーディスプレイとは何たるものか!、答えは簡単です。

『店の前の窓をアートすること』

僕は単純にそう思いました。では具体的なプロジェクトの内容と活動報告に移りましょう!


『WORLD ウインドーディスプレイ夏の制作』
DSC00767.JPG
WORLDとは、株式会社の名前です。
イオンモール伊丹2Fのアパレルブランドフラクサス(株式会社WORLD)のウインドーディスプレイの提案から制作までを実施するプロジェクト。さらに現地ではワークショップの企画運営を行います。
と、僕の手元にあるプリントには書いてあります。
DSC00760.JPG
上の写真は去年のワークショップ(冬)の様子です。DSC00763.JPG
ワークショップで作った作品は展示されたりします!

今年はどんなモノが展示されるのか楽しみですね!


『WORLD ウインドーディスプレイ冬の制作』
DSC00744.JPG
このプロジェクトの活動内容は夏の制作と基本的に一緒です。
ただ、夏の間は夏の制作チームのお手伝いをするのです。昨日が初のミーティングでした。
基本プロジェクトの最初は自己紹介からはじまります、当たり前体操ですね(笑)
DSC00747.JPG
自己紹介のあとは、どこに制作するかなどの説明です。

次回から本格的にミーティングがはじまるので気合い入れていきましょう!


『藤井大丸 ウインドーディスプレイ夏の制作』
DSC00739.JPG
京都一の繁華街、四条河原町にある百貨店。藤井大丸の地下1階正面ウインドーディスプレイの提案から制作までを実施するプロジェクト。4月下旬に藤井大丸さんに一人一人自分の提案した作品をプレゼンをしに行ったようです。
そして前回、藤井大丸さんがランキングをつけた上位5名が発表されました!上位5名に選ばれた学生さんにはなんと、藤井大丸さんの方から御食事券2000円分が贈呈されるようです、ぼくも欲しいです!(笑)
DSC00736.JPG
そして、見事1位に選ばれたのが上の写真の作品です。
今年は『人魚』が制作されるようです。
DSC00731.JPG
金曜日に大きな発泡スチロールが届きました。これを使って作品を制作するようです。
DSC00734.JPG
発泡スチロールに目印となるグリッド(線)を引いていきます。この発砲スチロールは、1つ1万円以上するそうです、恐ろしい。

次回からは地道な作業が待っている予感がします。

以上がプロジェクトの報告になります。この記事を書くのはしんどかったです(笑)
次週からもバリバリ取材していきますのでよろしくおねがいします!

以上マツダでした。













posted by プロオペ at 15:48| Comment(1) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。