2013年08月09日

HAPii+プロジェクト 活動報告(papico班)

こんばんは、HAPii+papico班(ワークショップ班)取材担当の山崎です。
今回は8月2日に行われたHAPii+の定例ミーティングについて報告したいと思います。



HAPii+のヒーロー

今回のヒーローは情報デザイン学科先端表現デザインコース2年生の
宇野真未さんです。
宇野さんはpapico班のミーティングの司会係とプレゼン係を担当していて、みんなの意見をまとめてくれる存在です。




DSCF7229.JPG
↑papico班の司会・プレゼン係の宇野さん



今回のミーティングでは、7月19日に行った京都府立医科大学附属病院へのプレゼンでいただいたアドバイスをもとにつぼみ班(制作班)、papico班それぞれがブラッシュアップした案を報告し合いました。





私が担当しているpapico班は、3つあった案を2つに絞り、内容を詰めていました。
(“ゾートロープをつくろう!”が今回は無しになりました。)

ブラッシュアップとして、ファッションショー案と図鑑案の導入で使うオリジナルの絵本の物語を作っていました。


ファッションショー案の物語は…
「変身の森」では自分のなりたいものの衣装を自分で作ってファッションショーに参加できます。
君のなりたいものってなーんだ」を合言葉に、子どもたちを変身させていき、最後にみんなで見せ合いっこをします。



図鑑案の物語は…
絵描きのハピィさんはきれいなものを探して旅をしています。
とある森に美しい色をした生き物たちがいるという噂を聞き、訪れてみますが全く見つかりません。
聞くところによると、悪い魔女が美しい生き物たちに嫉妬して色を奪ってしまったそうです。
そこでハピィさんは生き物たちに色を塗ってあげるのですが、数が多くて一人では無理…なので子どもたちに協力をお願いします。



今回のヒーローである宇野さんはファッションショー案の物語を作っていました。
合言葉を作って、子どもたちを変身させるのは面白いと思いました。
変身する姿はその子の好きなものですから、事前には分からないにも関わらず、自然な導入ですね!


これからpapico班は、病院の方にアンケートを書いてもらい、ファッションショー案と図鑑案のどちらを実施するのか決定していきます。




HAPii+全体では、コンセプトの決め直しが決まりました。
今までの案、「iihome」と「むすんでひらいて」以外のコンセプトを持ち寄ることになりました。

今、つぼみ班、papico班に共通しているのは「自然」、「森」、「緑」です。
ここから新しいコンセプトが決まりそうです。


山崎


ラベル:HAPii+
posted by プロオペ at 23:15| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

HAPii+プロジェクト活動報告『いざ!病院内プレゼン!』



こんにちは、HAPii+プロジェクトを担当している茜音です。
さてさて、今回は7月19日に行われた活動を紹介していきます。


そしてこの日のヒーローはこの方!!
歴史遺産学科、文化遺産コース、3年生!
高野 栞さんです!!



029.JPG



高野さんはつぼみ班(壁画班)のプレゼン担当です。
今までのミーティングでは、いつも1歩ひいたところから全体をみて、意見をしたり、まとめたり、みんなを進むべき道に導いてくれていました。
さてこの日はどんな活躍をしてくれたのか…!




今回、HAPii+は大学を飛び出し、病院内でのプレゼンを行いました。
プレゼンを行う講義室に到着をして待っていると、ぞくぞくと医師の方や、看護婦さんが集まってきました。

006.JPG
↑お医者さんたちがあつまってきて、いよいよプレゼンです。



そしてHAPii+担当の教職員さんからの挨拶のあと、いよいよプレゼンがはじまりました。
まずはつぼみ班(壁画班)から。ここで今回のヒーロー、高野さんの登場です!
高野さんは今回全体の司会として活躍してくれました。大勢の人を前にどうどうと、落ち着いて話していてかっこいいなと感じました。

009.JPG
↑司会を務める高野さん


つぼみ班(壁画班)のプレゼンのテーマは大きく分けて3つあり、1つのテーマごとに一人ずつプレゼンをしてくれました。



1つ目は『マングローブ』

2つ目は『トリックアート』

3つ目は『星空』

どの案も前回より、説得力があったり、絵に統一感があったりなど、格段に良くなっているものばかりでした。最後は高野さんがしっかりとこのつぼみ班のプレゼンをまとめ、無事終わりとなりました。


そしてこのあとはpapico班(WS班)のプレゼンとなりました。papico班についてはもう一人のHAPii+担当の山崎さんが書いてくれています!


どちらの班のプレゼンもはやくみたいなーと思えて、わくわくするようなものでした。
プレゼンのあとは医師や看護婦の方からの意見を貰いました。
最初の意見として「年々完成度が高くなってる。」という嬉しい一言が。
それから、「暗いといっても薄暗いぐらいだから蛍光塗料がしっかり光らないかも知れない」など具体的な意見をたくさん貰いました。


それに加え、廊下に飾ってあるマンドリルの絵を廊下の中だったら動かしてもいい、窓ガラスもぜひやって欲しいというような提案ももらえました。


このあとはチーム別に話合い、解散となりました。リーダーと高野さんがこれからについて話し合っている場面を見かけました。リーダーに任せっきりじゃなく、ちゃんとサーポートしてあげているところも素敵だなと感じました。




これまで怒涛のスピードでおこなわれたHAPii+プロジェクト。来週のミーティングはお休みです。
しかしメンバーは、自主的に集まり、ミーティングをするという計画を立てていて、その向上心の高さに驚かされました。
それでも、ひとつの山場は乗り越えられたもではないかと思います。では、今回はほんとにお疲れ様でした!!
ラベル:HAPii+
posted by プロオペ at 13:33| Comment(0) | 茜音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

まか通プロジェクト やましろよろい作りワークショップ

こんにちは、またまた山崎です。

7月28日に行われたやましろの国いっき祭り2013 でまか通もダンボールよろい作りワークショップ(以下よろい作りWS)を行いました。
今回はよろい作りWSの活動報告をしたいと思います。


今回のよろい作りWSはやましろの国いっき祭り2013の運営の方が「去年のまか通5月イベント「わくわくよろい作り」を山城でもぜひやってほしい」とお声をかけてくださり実現したそうです。
このようにオファーがくるのも、今まで築き上げてきた実績があるからこそですね。




まか通のヒーロー

今回のヒーローはよろい作りWSのリーダーである情報デザイン学科コミュニケーションデザインコース4年生の
河西祐介さんです。
河西さんは2年生の時からまか通を続けていて、現在では多くの後輩に頼られる存在です。
親身になって相談に乗ったり、歴代のまか通の様子を伝えたり、ミーティングでも後輩をフォローしている姿を多く見かけます。



DSCF7177.JPG
↑よろい作りWSを行ったメンバー
 真ん中が河西さんです。




よろい作りWSでは、水鉄砲合戦に参加する子どもたちを対象にダンボールのよろいに自由に絵を描いて、大きなシールの紙を自由に切って貼って、それを着て水鉄砲合戦に出場してもらいました。


河西さんは、子どもたちによろいに絵を描いてもらうために呼び込みをしたり、完成したよろいを着付けてあげたり、忙しく動き回っている合間にも的確に後輩たちに指示を出したりもしていました。
食事をとるのを忘れてしまうくらいWSを一心不乱に行った結果、用意していた全てのよろいを子どもたちに着てもらうことができました!
よろいを着た子どもたちは、嬉しそうにお礼を言って水鉄砲合戦に参加していました。



DSCF7171.JPG
↑子どもによろいを着付けているメンバー



私もよろいと一緒にかぶってもらうためのを紙で折る作業を手伝いました。
出来上がった兜を頭にかぶせてあげた時に、「ありがとう!」と言ってもらえたことがとても嬉しかったです♪



DSCF7170.JPG
↑よろいと兜で完全防備!




じつはこのダンボールよろい作りを解説しているPVをまか通が制作しています。

今回のヒーローである河西さんも出演していますよ!
ダンボールでよろいを作ってみたい!という方はぜひご覧ください。


来年のやましろの国いっき祭りでもまか通の活躍が見られるといいですね!


山崎
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 16:43| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まか通プロジェクト 7月24日 語り部読み合わせ練習

こんにちは、続けての投稿となります山崎です。

今日は7月24日の定例ミーティングの後に行われた子ども向け地獄絵のおはなしの語り部読み合わせ練習の報告をしたいと思います。



まか通のヒーロー

今回のヒーローは情報デザイン学科情報デザインコース1年生の
井澤真優さんです。
井澤さんは子ども向け地獄絵のおはなしの語り部の一人で、この日まか通メンバーの前で初めて語り部の台本の読み合わせをしました。
読み合わせが始まる前は緊張した面持ちでしたが、始まると役に入り込んでいるのが伝わってきました。
ほかの語り部のメンバーと二人で声を合わせて台詞を言う場面でも、今までの練習の成果が現れていました。



IMG_3452.jpg
↑語り部の一人、井澤さん



普段は面白くて気さくな語り部メンバー達ですが、この読み合わせ練習では真剣そのもので見ている私たちも地獄絵の世界にぐっと引き込まれました。
こども向けではありますが、大人も十分楽しめる内容となっています。



メンバーの前で読み合わせをした感想を井澤さんに聞いてみたところ、
「役になりきって語るのは楽しかった!
ほかのメンバーがすごく上手い。
自分もこれからもっと練習していきたい。」
と言っていました。



本番の仕上がりが気になる方は、8月10日の子ども向け地獄絵のおはなしにどうぞご参加ください。
今回のヒーローである井澤さんをはじめ、他の語り部メンバーの活躍も必見です!


山崎
ラベル:まか通
posted by プロオペ at 16:20| Comment(0) | 山崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。